サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

心閉ざされて(二見文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 二見書房
  • レーベル: 二見文庫
  • サイズ:15cm/490p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-576-99223-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

心閉ざされて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

著者 リンダ・ハワード (著),林 啓恵 (訳)

心閉ざされて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

895(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これはラブストーリーでしょう

2001/10/14 00:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亀豆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

アラバマきっての名家の末裔ロアンナは、又従兄弟のウェッブに想いを寄せていた。しかし、屋敷で殺人事件が発生し、容疑者扱いされたウェッブは、故郷を去った。10年後、彼とロアンナは再会することに・・・。(カバー裏から抜粋)

ヒーローに憧れる、幼い恋だと思われていたロアンナのウェッブへの想いは、そんなものではなく、すれ違いながらも、変わらぬ愛を捧げ続ける、ロアンナのお話。
 サスペンス的要素も、あることはある(もちろん、犯人もラストには明かされる)が、それに重点を置かず、期待せず、ラブストーリーと思って読むほうが、楽しめると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/29 12:08

投稿元:ブクログ

ロアンナは、両親を事故で亡くし、7歳で生きる居場所を失い、思春期に拒食症をわずらった。罪悪感にさいなまれ、夢遊病の持病がある。

2006/10/26 12:42

投稿元:ブクログ

アラバマきっての名家の末裔ロアンナ。幼いころに両親を亡くし、祖母の屋敷に引き取られた彼女は、17歳の時、叶わぬ恋と知りつつ又徒兄弟のウェッブに想いを寄せていた。そんな折り、屋敷で殺人事件が発生、容疑者扱いされたウェッブは故郷を去った。10年後、彼と再会したロアンナは蘇る愛の炎に心を乱される。歪んだ殺意が忍び寄っているとも知らず…。

2007/06/03 15:44

投稿元:ブクログ

リンダ作品の中でも特に好きな話です。
ロアンナの一途さと、ウェッブの溺愛ぶりが読んでいて幸せな気分になれます。
話自体は結構重いと思うのですが、お気に入りの一冊です。

2009/11/04 09:38

投稿元:ブクログ

再読。
リンダの作品の中でも特に好きで、何度読んでも
泣き虫の私は、ついつい泣いてしまう・・・。

2010/01/29 16:19

投稿元:ブクログ

今まで読んだ本の中でも3位以内には入る名作です。
ロアンナのひた向きさ、心の葛藤、苦しみ、そして成長。どの部分も無駄がなく、ラストに向けて読者を放さない内容でした

2009/10/11 17:19

投稿元:ブクログ

いじけキャラ・ロアンナと王子様ウェッブ。いかにも悪役のジェシー・ダヴェンポートとハーパー・ニーリーの隠された父子。
 最後まで犯人が分からない辺りはさすがだ。

2010/01/24 17:18

投稿元:ブクログ

購入済み

内容(「BOOK」データベースより)
アラバマきっての名家の末裔ロアンナ。幼いころに両親を亡くし、祖母の屋敷に引き取られた彼女は、17歳の時、叶わぬ恋と知りつつ又徒兄弟のウェッブに想いを寄せていた。そんな折り、屋敷で殺人事件が発生、容疑者扱いされたウェッブは故郷を去った。10年後、彼と再会したロアンナは蘇る愛の炎に心を乱される。歪んだ殺意が忍び寄っているとも知らず…。傑作ロマンティック・サスペンス。

Shade's of twilight by Linda Howard

2012/02/22 19:14

投稿元:ブクログ

とっても不憫なヒロインが幸せになるまでの、ロマンス版小公女みたいな話だった。(この話の)アメリカ南部ってやなとこだなっ! 人脈こそ全てみたいな地域社会で、一族の財産を守るためもあって最初に従姉、次に又従姉と結婚するヒーロー。モラルのないサブキャラ達。死んだ人とか死にそうな人とか殺される人とかが多くて全体のトーンが暗い。

2012/11/07 11:12

投稿元:ブクログ

初ハーレクイン

崇拝し敬愛する又従兄弟のお兄さんヒーロー(七歳年上・有能経営者)×醜いあひるの子型不憫ヒロイン(名家の末裔・初恋一途・拒食症、不眠症、夢遊病の三重苦)

ハーレクインといえばリンダ・ハワードらしいので読んでみました。
恋愛には酔えなかったけれど、話がおもしろく最後までぐいぐい飽きずに読めてよかった。

ヒーローがことあるごとに勃起してるのがなんだか笑ってしまった!

2012/07/16 09:14

投稿元:ブクログ

リンダ・ハワードもどうやら当たり外れがあるらしいなと悟り始めた二冊目(一度しか死ねない)を経て、傑作の声が高い本作セレクト。

傑作でした。

成長の物語はときめく。あとやっぱ王子の王子っぷり大事。
人物の魅力というか特徴は、多少あくが強いくらいのほうが物語を引っ張る力ってあるなあと再認識。犯人が最後の最後までわからなかった!

2016/08/29 21:03

投稿元:ブクログ

名家の末裔であるロアンナは幼いころに両親を亡くし、祖母の屋敷に引き取られた。
ずっと幼い頃から又従兄弟であるウェッブに叶わぬと知りながらも、想いを寄せていた。
そんな折、ウェッブの妻が殺され彼は容疑者扱いされ、故郷を去った。
あれから10年。彼を連れ戻すように言われたロアンナは…。


ロアンナが不憫なんだよね~。
小さい頃から本当に不憫。
良い作品だったと思うけど、重くて辛い。

ウェッブは、10年後に再会した夜、ロアンナに酷なことやらせるけど、あれだけ小さい頃から知ってて守ってきて、あれだけ自分を慕ってきていた人によくあんなことできるなぁ、と思った。
10年の年月と、お酒ですか。
酒怖い。

まぁ、その後はロアンナをまた俺が守るモードに入って、良いヒーローっぷりだと思います。

ジェシーはまじビッチだね。
コーリスもなかなかだけど。
そしてハーパーのド下衆っぷり。

とにかく、最後にロアンナが幸せになったのが嬉しい。
☆は4つ。

二見文庫 ランキング

二見文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む