サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

粗忽拳銃 流々亭天馬
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-774449-1
  • 国内送料無料

紙の本

粗忽拳銃 流々亭天馬

著者 竹内 真 (著)

【小説すばる新人賞(第12回)】一丁の拳銃を拾ったことから、すべては始まった! 前座噺家、自主映画監督、貧乏役者、見習いライターという4人の若者が織りなす、日常を突き破る...

もっと見る

粗忽拳銃 流々亭天馬

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小説すばる新人賞(第12回)】一丁の拳銃を拾ったことから、すべては始まった! 前座噺家、自主映画監督、貧乏役者、見習いライターという4人の若者が織りなす、日常を突き破る爽快な青春小説。第12回小説すばる新人賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 真

略歴
〈竹内真〉1971年群馬県生まれ。慶応義塾大学卒業。在学中の95年に三田文学新人賞受賞。98年小説現代新人賞を受賞。著書に「オリオン・ザ・ドッグ」「天真中学物語」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

粗忽者に思わず惹かれてしまうあなたに。

2002/06/20 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京という街で、落語家、役者、ライター、映画監督、といったそれぞれの夢を胸に抱えつつ暮らす若者達の物語。順調とは言えないとしても、みな目標に向かって歩き出してはいるし、それなりに楽しい日々を過ごしているように思える。そんな彼らが、道端の粗大ゴミ置き場で拾ったモデルガン。それは、本物のトカレフだった…。

 と、そんなふうに始まる痛快青春ストーリーは、主人公の天馬が弟子入りしている落語の要素が上手く絡まり、独特の雰囲気をかもし出すことに成功している。何となく展開が読めてしまうようなところもあるのだが、それを補って余りあるテンポの良さやストーリーの面白さがあり、そここそが本作の本質であり、魅力なのだろう。

 僕も大好きなザ・ブルーハーツの音楽がよくあうこの作品は、同じ著者の『カレーライフ』とも共通する「何とも言えない読後感の良さ」がある。

 読者を楽しませ、その上、元気づけさせてしまう。そんな効能が竹内真作品にはあるのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初期の都筑道夫を思わせる、テンポと諧謔

2003/11/10 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:戸越乱読堂 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「面白かった」著者にはこの言葉を贈りたい。古典落語の「粗忽長屋」と立川流家元の立川談志師匠の解釈による「主観長屋」をモチーフにしてよくぞこの物語をつむぎだしてくれた。読み終わって都筑道夫の初期の作品を思い出した。ストーリー展開に遊びがありとても粋だし、舞台転換もきびきびして飽きさせない。人物像もやや類型的と思えないことも無いが登場人物が実に生き生きしている。読み始めてすぐに主人公の「流々亭天馬」に「爆笑問題」の太田光を頭の中でキャスティングしてしまった。実際、映像化しても面白いと思うので誰か映画化してはくれないだろうか?
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/09 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/12 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/31 06:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む