サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神々の乱心 下(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-710686-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神々の乱心 下 (文春文庫)

著者 松本 清張 (著)

神々の乱心 下 (文春文庫)

778(税込)

神々の乱心 下

670 (税込)

神々の乱心 下

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.6MB 無制限
Android EPUB 8.6MB 無制限
Win EPUB 8.6MB 無制限
Mac EPUB 8.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

松本清張未完の絶筆のフィクション。

2009/01/02 13:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上巻のおもしろさにひきつられて、ぐいぐいと下巻を読み進んでいった。
 上巻において自殺した北村幸子という女性の背後、捜査を進める捜査官の上司、元宮中女官、華族の関係、軍部の大陸における政策とアヘンの関係。極めてスケールの大きな推理に小道具の数数。
 徐徐に、徐徐に、問題の核心に近づいて行くにしたがって、「そうだったのか」と完結する寸前、この作品は松本清張の「死」によって真相は闇に放り込まれたままになった。
 巻末に編集関係者の推理が記されているが、この作品は松本清張からの読者に対する宿題と思って結末を推理していくしかない。

 これを読んでいくと、どれだけ戦前の内務省が治安維持のために右翼、左翼、宗教団体を内偵していたのかがわかるが、実際に大本教の関係者だった人間が東京都内でフーチという占いを陸軍の将官の依頼で行っていたというから日本の政局を左右させうる「何か」が新興宗教団体にあったのだろう。
 ある意味、戦前の陸軍や海軍は政党や政党を支える宗教団体と同じような役割を果たしていたのかもしれない。その昭和史の闇をフィクションで暴こうとした松本清張は別の権力から「刺された」結果の「死」であったとしたら、などと松本清張ばりの推理をした。
 それにしても、この作品はいたるところに落とし穴というか、罠を設けてあるが、さすがに『昭和史発掘』を書き上げた人のなせる技だと思った。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未完なのは残念だが読みごたえがあった

2018/06/30 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

未完の小説だが、殺人事件の謎はほぼ解ける。残されたいくつかの謎についても、巻末に担当編集者に語った内容が載っているので、ある程度予測ができる。著者が二十年以上も温めていたものらしいので、力が入っている。未完なのは残念だが読みごたえがあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/11 16:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/30 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/26 05:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/05 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る