サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

にんげん蚤の市(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-758704-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

にんげん蚤の市 (文春文庫)

著者 高峰 秀子 (著)

にんげん蚤の市 (文春文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/12/04 22:06

投稿元:ブクログ

私は良く知らないのだけれど、母が高峰さんの本を絶賛していたので、読んでみました。ちょっとセレブ感が出過ぎている感もありつつも本物のセレブなのでしょうと流しつつ、楽しく読了。面白かったです。特に一番最後に出てきた司馬遼太郎さんとの邂逅のくだりはとても良かったです。高峰さんもすでに彼岸へ渡られたので、今頃司馬さんと再開して楽しく過ごしていらっしゃればいいなぁと思いました。

2012/02/15 06:25

投稿元:ブクログ

古美術の世界に惹かれた彼女は美術骨董店まで開いてしまう。そしてだんだん興じてきて、人間を物に見立てるのだが、志賀直哉(青磁)に始まって、 司馬遼太郎(李朝白磁)、笠智衆氏(埴輪)などなど、そしてご本人は(むぎわら手)としている。とても興味深く、なるほどと合点がいきました。 また、文化庁からの紺綬褒章の授与を断ろうとするところが、夏目漱石の博士号辞退に似て気持ちが良い。でも、彼女の魅力は最後の章「菜の花」によく表れている。

2013/06/19 11:33

投稿元:ブクログ

日本が誇る名女優、高峰秀子の最後の著作(エッセイ)である。
女優業を引退して七十歳、夫・松山善三との日々の中に見えてくる彼女の一本びいっと真っ直ぐに通った筋が見えてくる。
慎ましく、柔らかく、しかし真っ直ぐな彼女の背筋は、日本に於ける不甲斐なさを叱責し、同時に温かく投げかけている。

女優花ざかり、銀ブラをしようものならばわあっと人が寄ってくるほどの大人気(戦時中は彼女のブロマイドを持って出兵した人も多かったようで)、そんな彼女の周りにあった様々な人々とのエピソードが思い出とともに描かれている。
三船敏郎、乙羽信子、中島誠之助、梅原龍三郎、土門拳、木村伊兵衛、そして司馬遼太郎。

若かりし頃の高峰秀子も然ることながら、御年七十数歳の彼女はきりりと、とても美しく思える。

この本を出版してから約10年後の2010年に亡くなられたそうで、今になって知り得たことが大変口惜しい。

2011/05/30 19:48

投稿元:ブクログ

大好きな女優・高峰秀子さまのエッセイ。
スクリーンのイメージとは、少々異なり、気風のいい、粋な口調でぽんぽんぽーん! と、納得できないことなどを鋭く切り込む。
さすがに、幼少のみぎりから一流のものにふれ、一流を目指し、努力してきた人だけあって、ものを見る目温かく、審美眼も鋭い。
人との心の交流を大切にされていたことがしのばれる章は、読んでいて心温かく、スクリーンの中の笑顔はそのままこの人のお人柄だったのだとわかり、ますますファンになった。