サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニホン語日記 2(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/323p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-711119-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ニホン語日記 2 (文春文庫)

著者 井上 ひさし (著)

ニホン語日記 2 (文春文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

名付けることの大切さ

2004/08/02 18:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k-kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜこのような本に目をつけたのか、なぜこんなことを知っているのか。万書を読み解く井上ひさしの幅広い情報収集能力と柔軟な思考力に感心する。そしてそれが一つひとつ日本語を考える原点に結びついている。

<ラ抜き言葉>というのがある。「見ることができる」という意味の見ラレルから、ラを抜いて見レルとする言い方である。総理府などが調査を行うと、この言い方を「気になる」とする回答が減り、「気にならない」とするものが6割近くまで増えているとのこと。

この物議をかもす表現も、井上ひさしによれば、あの川端康成の『雪国』の中に既に見られるそうだ。芸者の言葉に「遊びに来れないわ」と、ら抜きがある。

言語学に「ドゥンカーの実験」というのがある。1945年に行われたもので、古典的な実験で、こんな実験とのこと。

子どもたちを2つの集団に分け、第1集団にも第2集団にも同じ材料を与える。ボール紙製の小さな箱、鋲、蝋燭、そしてマッチの4つである。

第1集団には、材料を渡しながら
「これらの、箱、鋲、蝋燭、マッチの、4つを使って、灯りを点した蝋燭を壁に立ててください」はっきりとこうアナウンスする。つまり明瞭に名付けた材料を手渡す。

一方、第2集団には、
「これらの材料を使って、灯りを点した蝋燭を壁に立ててください」と、材料は名付けられぬままに手渡す。

この実験の眼目は、箱を鋲で壁に取り付けることであるが、はっきりと名付けられた材料を手にした第1集団は、平均36秒で目標を達成した。ところが名付けられぬ材料を渡された第2集団の方は、平均9分を要したという。

名付けられたものに対しては直ちにきちんと注意が行き届き、それをどう使うべきか、すぐにぴんとくる。しかし名付けられていないと、子どもたちはまず名付けることから始めなければならなくなる。それで時間を喰うわけだ。

思いもかけぬ心理学の実験から、名付けることの、重要性に気づかせてくれる。

SMARTはこちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する