サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

遙か南へ(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/589p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-721861-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

遙か南へ (文春文庫)

著者 ロバート・R.マキャモン (著),二宮 磬 (訳)

遙か南へ (文春文庫)

885(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/04/24 06:18

投稿元:ブクログ

再読。大好きなマキャモンの大好きなアメリカ南部の話。『少年時代』で、勇気とは他人のために自分を犠牲にできることだと書いていたマキャモンだが、これもまたそれを伝える話ではないだろうか。マキャモンの小説は例えホラー作品でも、そうした勇気のある人間が主人公であることが多く、胸が熱くなることもしばしばで、この本も例外ではない。もちろんサスペンス的な面白さも秀逸だし、ファンタジー的な味付けもマキャモンらしいところ。そしてこの作品は、アメリカ南部の雰囲気を思う存分に味あわせてくれる。

2006/03/05 22:53

投稿元:ブクログ

何度か読もうとトライしたのに冒頭数ページからその先へどうにも進めずに何年も放置。それがどういうワケか今回は無事に読み終えられた。人には時機ってあるものだ、というのが読了後の感想。読み終えることができたのもまさに時機。〈2006年3月2日読了〉

2010/04/17 01:02

投稿元:ブクログ

ヴェトナム帰りのダンは枯葉剤の後遺症に悩まされ、不況で大工の仕事にもあぶれ、今や大事なトラックすらローンのカタに差し押さえられそうになっていた。逆上したダンは銀行の担当責任者を弾みで射殺してしまう……自らが脳腫瘍と白血病とで余命いくばくも無いことを知る彼は「南へ」の逃避行を開始する。図らずも一緒に旅を続けることになった娘アーデンは顔の右半分が紫色の痣で覆われており、その痣を消してくれる(と信じている)伝説の治療師ブライト・ガールを探す旅の途中だった。一方、ダンを捕えるために追っ手が追跡を開始していた。双子の弟を脇腹に入れた3本腕の賞金稼ぎのプロ、フリントと、ボスの命令でコンビを組まされたプレスリーのそっくりさんペルヴィス・アイスリー。4人は引き寄せられるように南への旅を続ける……。

本作は著者が「以後超自然的なホラーは書かない」と、“脱ホラー作家宣言”をしてから3作目の長編に当たる。
原題「Gone South」とは、ヴェトナム時代のダンら仲間内の言葉で「正気を失ってしまった者」を意味する。戦争の惨たらしさ、無意味な死、後遺症で余命を削られてもなおダンは「南に行か」ずに踏み留まっていたが、大切なトラックを取り上げられそうになって一線を越えてしまう。追及の手が伸びる中で、気が進まぬながらも同行するはめになる娘アーデンは顔に痣を持ち、一方の賞金稼ぎコンビもまたそれぞれ異様な姿を持ち迫害を受け続けてきた……つまりダンを含めた4人はみな、社会から排斥されたアウトサイダーであり、南への旅の道程でそれぞれ生きる場所を探していく―そのような物語といえるだろうか。

「資料秘宝」http://homepage2.nifty.com/ksbstr/index.htm
の管理人さんによる
「彼らの背負った重荷は四者四様だが、マキャモンの過去のある時期の姿がそれぞれ投影されている。プレスリーのそっくりさんアイスリーの象徴するものなどは明かだろう」という本作品への指摘には、目からウロコが落ちる思いだった。
従って本作は―サスペンスフルな要素はあれど―決してホラーではないが、それでいてマキャモンらしい温もりある作品となっている。

2010/11/11 21:26

投稿元:ブクログ

ホラー作家をやめたマキャモンの作品。
多少、不思議な登場人物が出てくるところを、
ホラー作家と毛嫌いする人はいるだろうがすばらしいロードノベルだ。

というか、ホラー作家の皆さん、結構ロードノベル好きみたいですが。
ホラー小説のたいていが、追う者が異様ななだけであって、一種のロードノベルだもの。

2012/08/22 18:46

投稿元:ブクログ

マキャモンらしい作品。
アメリカの匂いがプンプンしてくる。
コレを読み、少年時代を読めば、
後はアメリカに行くだけやろw

2005/10/03 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000305687.html