サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 評伝フォーレ 明暗の響き

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

評伝フォーレ 明暗の響き
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 新評論
  • サイズ:22cm/916p 図版24p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7948-0263-3
  • 国内送料無料

紙の本

評伝フォーレ 明暗の響き

著者 J=M.ネクトゥー (著),大谷 千正 (監訳),日高 佳子 (訳),宮川 文子 (訳)

近代フランス音楽の巨星ガブリエル・フォーレの全生涯を、その作品の生成過程や音楽・文化・精神史の流れを丹念にたどりながら鮮やかに蘇らせる。【「TRC MARC」の商品解説】

評伝フォーレ 明暗の響き

10,800(税込)

ポイント :100pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

J=M.ネクトゥー

略歴
〈ネクトゥー〉1946年ランシー生まれ。V.ジャンケレヴィッチの下で文学博士号取得。パリ国立図書館文芸員を経て、現在、オルセー美術館音楽課長。著書に「ガブリエル・フォーレ」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フォーレの全体像に、手紙など膨大な資料を駆使し、共感と敬愛を織り混ぜ精緻な作品分析で迫った優れた労作

2000/07/30 06:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「レクイエム」で有名なガブリエル・フォーレ(1845−1924)は、フランス近代の作曲家として、サン・サーンスに師事し、とりわけ、歌曲、ピアノ曲、室内楽の分野で優れた仕事を遺した。「夢のあとに」「ヴァイオリン・ソナタ第1番」「ヴァイオリン・ソナタ第2番」など、流麗・明澄で叙情性豊かなメロディーが、独自の夢幻的な魅力を醸し、わが国にもファンが多い。

 またフォーレは、作曲と平行して、パリの名門コンセルヴァトワールの院長などを務め、同校においての硬直した音楽教育体制を一新し、モーリス・ラヴェル、シャルル・ケックラン、アルテュール・オネゲルら多くの優れた後進を育てるなど、音楽教育の分野でも、卓抜な業績を遺している。

 「評伝フォーレ 明暗の響き」は、フォーレの専門家として定評あるジャン=ミシェル・ネクトゥーが言うところの「主流から外れた群小作曲家と今も見なされている」フォーレの「知られざる全体像」に、手紙、自筆譜など膨大な資料を駆使し、フォーレへの共感と敬愛を織りまぜ、しなやかな感性による精緻な作品分析で迫った優れた労作である。

 著者のネクトゥーは、ラヴェルなどの研究で知られるジャンケレヴィッチに師事し、文学博士号を取得後、現在パリのオルセー美術館の音楽課長を務め、フォーレの専門家として有名だが、ラヴェル、マラルメ、ドビュッシー、ストラヴィンスキー、オネゲル、ロシア・バレエ団のディアギレフなども研究対象に入る視野の広さも“武器”になっている。本書では、こうした視点の広さが生かされ、フォーレのドビュッシーやシェーンベルグへの影響、プルーストが「失われた時を求めて」でゲルマント公爵として描いたエリザベト・グレッフュル夫人がフォーレの賛美者であり、夫人の従兄弟の耽美的詩人ド・モンテスキュー伯爵(プルーストと親交深く、「失われた・・・」でシャルリュス男爵として造形されている。)がフォーレの文学上の貴重な助言者であったなど、当時のパリ社交界のサロンでのフォーレの華麗な交友ぶりも存分に描き込まれている。

 また、1989年「ペレアスとメリザンド」の付随音楽を手がけた経緯、1907年に初めてのオペラ「ペネロープ」を上演して大成功を収めた経緯(このオペラは、50年代から、「夢のあとに」の名唱でも知られるソプラノのクレスパンの主役で世に広まっていく。)なども読みごたえがある。

 著者の守備範囲と関心の広さが、実証的研究と鋭い美学的想像力を通して興味深い指摘を随所にちりばめている。例えば、第2部の第4章「白と黒で」での、ピアノ連弾用の組曲「ドリー」(1894−97)のオーケストラ版が、1913年にテアトル=デ=ザールで舞台上演された時の記述。ドビュッシーの友人ルイ・ラロワは、この曲に合わせてとても愉快な台本を書き上げ大成功を収め、ラヴェルも絶賛の言葉を寄せた。この作品についての著者の次の推測は実に魅力的で説得的である。

 「我がままな娘と、ダンサー、道化師たち、そしてアクロバット・・・、恐らくジャン・コクトーはこのディヴェルティスマン「ドリー」のうちに、やがてピカソとサティの協力を得て制作することになる彼の有名なバレエ「パラード」の原形を見たに違いない」。本書は優れた翻訳、情報量の多さもお薦め。 (bk1ブックナビゲーター:高橋洋一/評論家 2000.07.29)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クラシック・オペラ ランキング

クラシック・オペラのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む