サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 利を見て義を思う 三重野康の金融政策講義

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

利を見て義を思う 三重野康の金融政策講義
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/281p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-002975-1
  • 国内送料無料

紙の本

利を見て義を思う 三重野康の金融政策講義

著者 三重野 康 (著)

バブルの発生と崩壊を身をもって体験した立場から金融政策の本質を説き、戦後経済を見る「物差し」を提供する。元日本銀行総裁が杏林大学社会学部客員教授として講じた講義録。藤原副...

もっと見る

利を見て義を思う 三重野康の金融政策講義

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブルの発生と崩壊を身をもって体験した立場から金融政策の本質を説き、戦後経済を見る「物差し」を提供する。元日本銀行総裁が杏林大学社会学部客員教授として講じた講義録。藤原副総裁との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三重野 康

略歴
〈三重野康〉1924年東京都生まれ。東京帝国大学法学部政治学科卒業。前日本銀行総裁。現在、日本銀行名誉顧問、横綱審議委員会委員。著書に「日本経済と中央銀行」「赤い夕陽のあとに」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

平成の鬼平が語る中央銀行と金融政策入門書の決定版。およそ経済に関わるひと全員に読んでほしい名著

2000/10/06 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 治彦 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本のタイトルは論語からの引用である。この種のタイトル本は概してつまらないことが多い。精神論で透徹されるからだ。しかし,この本は違う。副タイトルでも分かるように前・日銀総裁の三重野氏が杏林大学で行った3年間の講義をまとめたものだ。中央銀行と金融政策の基本について網羅的に図解も入れた解説が中心だ。
 それも,さすが総裁だけあって簡潔である。大学で経済原論の授業はよく分からなかったとか,日本経済をもっと理解したいという方にとって,三重野総裁の授業を追体験することで,自分の知識を総点検ができる。日本銀行や中央銀行について,きちんと書かれた本は少ない。そう言う意味でもこの本は大変貴重である。
 もちろん単なる解説書ではない。いわば,三重野氏の回顧録的な面や文章の端々に「平成の鬼平」らしい発言が見え隠れしておもしろい。例えば,中央銀行の役割は物価の安定と金融システムの安定としながらも,それは「景気が悪くなったから,単純に元の好景気に戻すという短期的な発想でなく,より中長期的な観点に立つものである」と氏の基本姿勢を示す。また,「物価安定のための措置は概して世の中の評判はよくない。それは宴会の真っ最中にお銚子をさっと引き上げてしまうようなものであって,これは政治ではなかなかやり難いからである」とか「民主政治における政治力学は,景気をよくするためにカネをつかいたがる傾向がある」と政治や世論とのギャップに悩む日銀総裁の苦しい胸の内を吐露している。そして,氏の引き締め策が一因となった土地価格の急落を意識しながら「資産価格は物価そのものではない。従って,資産価格の安定は,金融政策の直接的な目標ではない(地価の安定は,第一義的には税制,都市政策の対象である)」と言い切るのである。戦後の日銀総裁の中でも最もセントラルバンカーで,氏の誠実で無骨なまでの思いが語られるのが大変興味深い。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む