サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

『教育勅語』のすすめ 教育荒廃を救う道
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日新報道
  • サイズ:19cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8174-0457-4
  • 国内送料無料

紙の本

『教育勅語』のすすめ 教育荒廃を救う道

著者 清水 馨八郎 (著)

戦後の日本の社会には、戦前の日本の文化伝統はすべて悪だと拒否したり嫌悪したりする習性がある。現在の教育の荒廃、教室の崩壊を救う道を模索し、「教育勅語」の復活を提唱する。【...

もっと見る

『教育勅語』のすすめ 教育荒廃を救う道

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦後の日本の社会には、戦前の日本の文化伝統はすべて悪だと拒否したり嫌悪したりする習性がある。現在の教育の荒廃、教室の崩壊を救う道を模索し、「教育勅語」の復活を提唱する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本人の教育の原点がここにある!!

2004/06/05 17:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パグ太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の講演を数回拝聴したことがある。

日本および日本人をこよなく愛する著者が、現代の教育に最も欠けている盲点をつく。日本の良さを再認識し、日本人の素晴らしい民族性を取り戻すことを訴え続ける著者の情熱が、この著書にもあふれている。

「人を愛し、家族を愛し、社会を愛し、国を愛する。これが人間が人間として正しく生きる原点ではないか。『教育勅語』の精神がまさにそれだ」

教育勅語を否定、批判、排除しようとする戦後民主主義思想におかされた戦後教育を受けて育った世代には、強烈な印象で読まれるかも知れない。

しかし戦後半世紀以上が経過して、ようやく少しずつ、左翼のでっちあげ、横暴がさまざまな形であからさまになってきたではないか。
そろそろ占領政策の呪縛から、いい加減に日本人が抜け出さねばならない。

その足がかりとして、著者の訴えに触れてみると、日本人の本来の民族性、日本の素晴らしさ、伝統文化を再認識できるはずである。

同書は、教育勅語がつくられる前後の背景から、日本文化のルーツにまで触れる。当然、教育勅語の原文と、分かりやすい現代口語訳、さらに深く学ぶことができるように逐語訳も加えて解説が施されている。

同じ著者の『侵略の世界史』『「日本文明」の真価』を併読することをおすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/14 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家族関係 ランキング

家族関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む