サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悪意のM(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

悪意のM (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 スー・グラフトン (著),嵯峨 静江 (訳)

悪意のM (ハヤカワ・ミステリ文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中間の「M」をかじってみる、なかなかウマイ

2002/01/07 10:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スー・グラフトンの作品を初めて読んだ。彼女はアメリカのミステリー作家だ。
 アルファベットのAから始まるシリーズ物が有名らしい。『アリバイのA』『泥棒のB』『死体のC』『欺しのD』『証拠のE』…と順々に発売されていて、今でPぐらいまで出ているようだ。
 適当なところで、『悪意のM(“M”is for Malice)』を読んでみた。
 内容はまずまずといったところ。ある大金持ちが死んで遺産相続の問題が持ち上がる。4人の息子のうち、ガイという男性は若い頃に放蕩のし放題で勘当されている。しかし、遺言書にはガイにも遺産相続の権利が与えられており、兄弟達は醜い争いを繰り返す。そして、殺人事件が起こる…。

 勘当されて行方知れずだったガイを探しだすように依頼されたのが、このシリーズの主人公で私立探偵のキンジー・ミルホーンだ。35歳、独身。
 シリーズ化される作品の主人公は、魅力的に描かれていなければそれはシリーズにはならない。キンジーは、そこそこ意地っ張りで情にもろいところもあり、独身ではあるが恋愛を生真面目に考えており、腕のいい探偵というよりはたまたま解決してしまった!という感じ。特別に美人でもないようだし、おしゃれでもないし、金持ちでもないし、仕事に命を燃やしているわけでもなさそう。普通の女性である。この普通さ加減が、案外人気の秘訣かもしれない。
 読み終わって、『アリバイのA』の頃のキンジーはどんなだったのだろう? とか、本書の次作の『縛り首のN』では彼女はどうなっているだろう? と考える私は、十分にこの普通の女性キンジーに魅了されてしまったということになるのか。

 また読んでみようかな。だけども、想像するに「A」から始まったシリーズは多分「Z」まで続いて完結するであろう。と言うことは、26冊か! いやはや大変な数だわ。どこまでついていけますことやら??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/16 17:50

投稿元:ブクログ

建設会社社長が死亡し、4人の息子が巨額の遺産を相続することになった。私は18年も行方知れずになっている一家の厄介者の次男ガイを見つけだす調査を請け負う。やがて私はガイを捜しあてたが、家族の話とは異なり、彼は真面目な人間に変わっていた。家出を悔やむガイを家族のもとに連れ戻したが、その直後に彼は惨殺体で発見されてしまう…。ガイを連れ帰ってきたのは間違いだったのだろうか?罪悪感と哀しみに心引き裂かれながらも、女探偵キンジー・ミルホーンの孤独な調査がはじまった…。

原題:"M" is for Malice (1996)
訳者:嵯峨静江

ハヤカワノベルス (1997.07)
ハヤカワ・ミステリ文庫 (2000.01)

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む