サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ー心を遊ばせる・心を羽ばたかせる― 空想と幻想の物語 ポイント5倍キャンペーン  ~7/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 東海大学出版会の通販
  6. 国際通信の日本史 植民地化解消へ苦闘の九十九年の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国際通信の日本史 植民地化解消へ苦闘の九十九年
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: 東海大学出版会
  • サイズ:22cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-486-01482-0

紙の本

国際通信の日本史 植民地化解消へ苦闘の九十九年

著者 石原 藤夫 (著)

島国日本。故に国際通信は無線か海底ケーブルによって成り立っている。明治初期に一種の植民状態におかれてしまった日本の国際通信(海底ケーブル)の、自主権を完全回復するまでの9...

もっと見る

国際通信の日本史 植民地化解消へ苦闘の九十九年

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

島国日本。故に国際通信は無線か海底ケーブルによって成り立っている。明治初期に一種の植民状態におかれてしまった日本の国際通信(海底ケーブル)の、自主権を完全回復するまでの99年間の苦闘を辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の国際通信の技術史。主権回復への交渉を1つの軸に,技術者と政府の苦闘をもう1つの軸に解説する

2000/07/17 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ブックレビュー社 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 19世紀に日本以外のアジア諸国が植民地化していくなかで,日本が独立を保てたのはなぜか…。他国では鉄道や通信などのインフラが欧米資本で整備され,その利権維持を名目に治外法権を認めざるを得なくなった。
 本書は,実は日本にもあった通信分野での植民地化の危機を,先人たちが乗り越えていったさまを生き生きと伝える。ロシアを後ろ盾にするデンマークの通信会社「大北通信」が,一時日本の国際通信を独占しており,国内の通信も狙っていたことは,ほとんどの読者にとって驚きだろう。
 それに対抗し,国際通信の主権を回復するには,自国の技術と,強固な意志,国力,長い時間が必要だった。また日清,日露の両戦争で通信がいかに重要だったか。本書は大北通信との交渉を1つの軸に,技術者と政府の苦闘をもう1つの軸にして,日本の国際通信の歴史を追う良書である。
 ただし,日本は欧米と対等で,暗に中国や韓国が追いつけないとするような記述が散見されるのが残念だ。インターネットの登場によって,日本と米国との間は再び大きく引き離されており,他国との差は慢心できるほど大きくない。
(C) ブックレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/29 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

産業 ランキング

産業のランキングをご紹介します産業 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。