サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 高坂正堯著作集 第4巻 宰相吉田茂

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

高坂正堯著作集 第4巻 宰相吉田茂
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 都市出版
  • サイズ:22cm/597p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-924831-83-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

高坂正堯著作集 第4巻 宰相吉田茂

著者 高坂 正堯 (著),高坂正堯著作集刊行会 (編集)

高坂正堯著作集 第4巻 宰相吉田茂

7,020(税込)

ポイント :65pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「高坂正堯著作集 第4巻 宰相吉田茂」が含まれるセット商品

高坂正堯著作集 8巻セット

高坂正堯著作集 8巻セット

  • 高坂正堯 〔著〕
  • 税込価格:57,240530pt
  • 発送可能日:購入できません

収録作品一覧

宰相吉田茂 7-240
世界史を創る人びと 241-444
瓦礫の中に今日を見た吉田茂 445-462

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これぞ名著中の名著

2002/01/05 22:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 学生の時に本書を読んでから既に18年が経過。全集出版を機会にもう一度宰相吉田茂を読み直してみて、改めてその鋭さを実感すると共に、高坂がなぜこの論文を書いたかをようやく理解することが出来た。要するに高坂は、吉田茂がなぜ軽武装経済重視の国家路線を敷いたかを訴えたかったのだ。
 吉田は国際社会で日本が生きていく上で、それ相応の軍事力を持つことは絶対に必要であることを理解しながらも、終戦直後の疲弊しきった「当時の日本」においては、軍事力を保持することは「時期尚早」であり、それが為に軽武装経済優先により国力の養生涵養を優先させたのであって、日本が徹頭徹尾軽武装を国家路線とするべきなどとは全然考えていなかったのだ。それがその後の時間と経過と共に「吉田ドクトリン」なる珍妙な概念迄作り出され、あたかも軽武装経済重視というか経済オンリーの政治外交路線こそ日本のすすむべき道だみたいなことが言われはじめたので「それは違うよ。吉田さんはそんなことを考えていたわけではありませんよ」ということを言わんが為に本書を高坂は執筆したのだ。
 日本は今や世界第2の経済大国。日本人がどう考えようと日本は今や世界の大国になってしまっているのだ。大国になった以上それ相応の軍事力を整備し世界の治安につき汗も血も流すことが求められるようになっているのだ。
 だから本書を読めば、土井たか子のような絵空事を何時までも叫び続けるような贅沢は許されるはずもなく、小泉首相がやろうとしているように有事法制を整備し、自衛隊法を整備して米国とともに国際社会の治安維持業務に日本も積極的に参加することが必要な時期が到来しているのだということが読後はっきりと認識させられることでしょう。まさに現代人必読の書と言って良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/28 23:49

投稿元:ブクログ

吉田茂研究の嚆矢としてもはや有名。

しかし、吉田に対しては研究者を超えて愛情すら感じてしまうところがちょっとね。

でも、吉田茂は意志の人だって、ながーい論文を読んで分かった気がする。

確かに戦前・戦後を通じて思想・行動の座標軸はぶれてはいなかった。

政敵鳩山はなんかいい加減だけど、吉田や石橋湛山はほとんど座標点を変えてはいなかったのではあるまいか。

風見鶏鳩山は政治家っぽくて、吉田、石橋がちっとも政治家らしく見えない理由が見えてきた。

政治家にとって哲学は邪魔なんだよね。

政治家 ランキング

政治家のランキングをご紹介します一覧を見る