サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. どうぶつたちへのレクイエム

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どうぶつたちへのレクイエム
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 桜桃書房
  • サイズ:21cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7567-1137-5
  • 国内送料無料

紙の本

どうぶつたちへのレクイエム

著者 児玉 小枝 (著)

動物収容施設でいのちを絶たれていった動物たちの写真と、そうした動物たちを取り巻く現状を綴ることを通して、ことばを持たない彼らの声なき声を届ける。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

どうぶつたちへのレクイエム

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物収容施設でいのちを絶たれていった動物たちの写真と、そうした動物たちを取り巻く現状を綴ることを通して、ことばを持たない彼らの声なき声を届ける。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

児玉 小枝

略歴
〈児玉小枝〉1970年広島県生まれ。大阪成蹊女子短期大学児童教育学科卒業。動物病院や猫のいるタウン誌編集部で働きつつ、ライフワークとして、動物と人との共生をテーマに取材活動を行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

年間70万匹もの犬猫が処分されていると知っていますか?

2001/03/04 23:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 向き合った私をすりぬけてどこか遠い処を見つめているような澄んだ目をした犬の写真。

 都内を中心に展開している書店チェーンで、小規模な巡回写真展が行われていたとき、目が悪い私は、それがどういう動物の写真なのか分からずに、その犬の目に吸い寄せられて、壁一面のどうぶつたちの姿を眺め始めました。

 すべてが動物収容所で撮られたものであると知り、さらに1995年度に命を絶たれた犬や猫たちの総数が70万をはるかに超えるという事実を知って驚きました。

 この本を買って帰って読んで、さらにびっくりしたのは、その処分方法が注射や薬物による安楽死などというものではなく、あまりに数が多いため、「炭酸ガスによる窒息死」をとっているという事実です。

 壁紙を変えたり食器洗浄機を買ったり…、それが環境に与える負荷を意識するかしないかは人によりけりですが、少なくとも、それは生活を便利にしたり快適にしたりするために行うのだということは個人の意識の中にはっきりあって、とりやめることもできることです。

 道路が舗装されたり、建物の空調が整えられたり…、それは私が「やってね」とじかに言ったわけではないけれど、私の所属する社会の気分とか総意と言われるものの結果、いつのまにか整えられてしまっていたものです。

 捨てられて町を歩きまわる動物や保健所に持ち込まれるどうぶつが処分されていくのも、頼んだわけではないけれど、安全や快適を志向する社会の気分や総意のゆがんだ結果の一つだと考えると、何をどうすればいいのか、やりきれない気分になりました。

 先進国でどうぶつをこれだけ虐待している国も珍しいということです。動物福祉の進んでいるイギリスには、捨てられたり虐待された動物を保護するアニマル・シェルターという施設があります。動物と暮らしたい人は、そこに収容されている犬や猫の里親になるというシステムが本文に紹介されています。
 責任を持って飼えるかどうか、資格や能力が問われるということです。

 テレビやマンガで特定の種の犬や猫がブームになると、ブリーダーが次々に繁殖させてペット店に並べられる。年をとりすぎると買い手がつかないし、ブームが去ると売れなくなるので、余ったどうぶつたちが檻の中にあふれるというのが日本の実情。

 自分より命が短いとわかっている動物は飼いたくない。だから飼えるのはツルかカメだけだと冗談に言っていた私ですが、子どもがどうぶつを飼いたいと言い出したら、ボランティアのつもりで里親になるべきだなと考えさせられました。

 行動にまでは移せなくても、この本の3分の2を占める著者入魂の写真、今はこの世にいないどうぶつたちの静かな表情をじっくりと眺め、確かなものを感じとることが大切だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/20 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/14 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/27 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 06:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/05 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

犬 ランキング

犬のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む