サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真田忍俠記 下(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-264749-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

真田忍俠記 下 (講談社文庫)

著者 津本 陽 (著)

真田忍俠記 下 (講談社文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/04/22 20:10

投稿元:ブクログ

(上下巻併せてのレビュー)
真田一族と、配下の忍びの猿飛佐助、霧隠才蔵の活躍を描いたお話。
神出鬼没の佐助たちの活躍は、まさにエンタテイメント。
(因みに、一般的に、佐助=甲賀者・才蔵=伊賀者とされる事が多いですが、本書では二人とも信州出という設定です。)
後半の“大坂ノ陣”での幸村はやはり不憫ですが、結末がオリジナルで、賛否あるとは思いますが、これもフィクションならでは、という事ですね。
そして、本書は、話し言葉が当時の口語か方言なのか、かなり独特な感じに書かれているので、最初は読みづらかったのですが、読み進むうちに味わいがでてきます。

2010/10/15 10:27

投稿元:ブクログ

ネタバレ含みます。



歴史の流れはもうわかっているので、特に目新しいこともなく。
戦の様子が結構詳細に書いてあるけど、それだけで注目すべきエピソードもないのでだれてくる。
詳細といっても、戦略的なものではなく、どこの軍勢が何万どこから攻めて……というような記号的なことなので、興味もそそられません。
正直、こうして読み終わってみても、思い出せるシーンがあまり……、唯一、幸村が伊達軍を押し戻したときは面白かったかな。

幸村は家康打倒のために戦ってきたわけですが、その悲壮な決意に、家康は生き残ると知っているこっちははらはらしました。
が、この本の作者は「夏の陣以降の家康は影武者」説を採っていて、幸村の悲願は果たされます。
ほっとしました。

2010/02/12 16:13

投稿元:ブクログ

上巻を読み終わったらあっというまに下巻も読んでしまいました!
下巻は幸村親子が九度山に流された後のお話になってます。

大阪冬の陣、夏の陣が中心で
佐助の長男が加わって、忍3人での活躍が繰り広げられます。

それにしても、こんなにスーパーマンみたいな忍話ははじめてです。

こんな能力があるならなんでもできちゃいそうなものですが
佐助も才蔵も忍びの技を自分の為には使わない。
根底には常に主のため、ただそれしかないのがいじらしいです。

偵察がてら結構好き勝手におどかしたりいたずらしたりと
徳川方を終始苦しめる
年齢不詳な感じの小猿みたいな佐助と才蔵が終始楽しめます。
物語も終盤になってようやく少し方言にも慣れました。

東方はがんばっているけれど、家康と半蔵以外は無能集団。
西方は、真田陣以外は能なしの考え無しになっていますが、忍びにも優しい、お人好しないいひと達に描かれてます。
結末は、おっ!?と驚くまとめかたで、思いがけずわりと爽やかです。

しかし、このはなし
現代語訳で読みたかった。

2016/04/17 08:50

投稿元:ブクログ

 大坂冬の陣、夏の陣の幸村の戦いで猿飛佐助、霧隠才蔵たちは忍術合戦を繰り広げる。果たして家康の首を取ることができるのか。

 下巻では、冬の陣、夏の陣の戦いが描かれ、強者に屈することなく、歴史に名を残すことのみを思って戦う幸村の思いが感じられました。

 そして、その思いを受け取って戦う佐助と才蔵の忍術を駆使した影の戦いも読みごたえがありました。

 やはり勝者よりも熱き思いを持って戦う男たちのほうがドラマチックでかっこいいんだなあと改めて思いました。

 もうちょうっと、才蔵が活躍してほしかったのが残念です。
 

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る