サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海神の晩餐(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/441p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-264750-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

海神の晩餐 (講談社文庫)

著者 若竹 七海 (著)

海神の晩餐 (講談社文庫)

792(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

船上舞台の本格ミステリ

2001/04/20 21:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代は日本と中国の関係が悪化しはじめた1932年。中国から日本を経てアメリカへ向かう客船の中で起こる盗難事件。盗まれたのは、タイタニック号の沈没のとき、作者ジャック・フュートレル(フットレル)とともに海に消えたと思われていた「思考機械」が活躍する短編探偵小説の原稿。この盗難事件をきっかけに、金髪の幽霊の出現や殺人事件がまきおこる。どう、ミステリ好きならこれだけで読んでみたくなったでしょ? ところが作者はさらに楽しいおまけを用意してくれている。客船にハワイ・ホノルル警察のあの人が乗っているし、主人公が実は…。いや、これは言わないでおいたほうがいいでしょう。
 作品が面白いのはもちろん、作中にでてくる「消えた女」、こちらもよくできたミステリ。ホントにジャック・フットレルが書いたと言ってもおかしくないくらいの出来映えです。
 そんなこんなで、お薦めの1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なぜ、そんな話をぼくに聞かせたのだ

2001/01/24 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 香港〜横浜〜バンクーバー、航海中の船上という舞台も魅力的なら、あのタイタニック号沈没に際して持ち出されたという原稿の謎、金髪の幽霊、死体消失など、次から次へと起こる怪事件が、登場人物達の小気味よい会話にのせて展開し、決して読む者を飽きさせない。ミステリ、謎ときの華麗さはもちろん、著者ならではの物語としての展開の面白さが、この作品において特に顕著と思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おもしろさという点では弱いかな

2017/06/29 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

私の読んだ若竹七海さんの作品の中で舞台が現代ではない初めての作品でした。

ミステリーですがトリックの謎解きが大きな要素ではない作品でした。
文庫本で400ページ強ある中で様々な謎は提供されるのですが、主題は人は何を一番に重んじるべきか?を巧みなストーリーを通して読む者に問いかけているように思いました。

派手な展開も目を見張るトリックもありませんので推理小説としての面白さという点では少々弱いとは思いました。

現在は絶版状態のようで古書でしか手に入らないようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ミステリーコーナーより

2001/02/05 17:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:若竹七海 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初めて昭和初期を舞台にした作品です。調べ物がとにかく大変だったし、それだけ思い入れもあるんですが、資料に振り回されないようにするのが精一杯でした。時代のうねりを受けてはいるものの、どこか間が抜けていて、でも一生懸命生きている……そんな愛すべき人々を描きたかったんですね。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/25 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/13 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2001/09/27 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/29 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/18 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/01 21:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/16 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/26 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る