サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

未明の家(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/473p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263827-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

未明の家 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

未明の家 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

751(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿

648 (税込)

未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿

ポイント :6pt / 紙の本より103おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

探偵さんに美しさは求めてなかったのですが

2016/03/30 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:壱太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

15年本棚に入れたままだったのですが、今更になって読み始め、そして夢中になってます。
読み始めて3行。好みの文章というのがあるのを、あらためて感じました。
建物の描写が出てきます。想像しながら読むのも難しいですが楽しいです。
ボサボサよれよれが探偵さんの基本だと思っていたので、容貌に美しさは求めていなかったのですが、時折見える美貌ってのも箸休みのように感じてきて、これはこれで美味しいのかなぁと思ってきました。
登場人物も多く、誰もかれもが犯人に思えてきます。最後まで気が抜けません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まずはこの1冊<篠田真由美編>

2002/03/11 17:20

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:郁江  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 篠田真由美さんの本を読んでみようかなと思っているなら、まずは この本がオススメです。建築探偵桜井京介の事件簿のシリーズ第1作。「ご所有の西洋館の鑑定承ります」という1枚のビラがきっかけとなり、京介と友人の深春・アシスタントの蒼が事件に巻き込まれていきます。“閉ざされたパティオでの不可解な死と一族を襲う連続殺人の結末とは…”謎解きは勿論 登場人物が魅力的なシリーズです。そして事件の背景には様々な人の想いと誤解が複雑に絡み合っていて…誰一人悪人なんていないのに、起こってしまった悲劇を京介が誤解諸共解き明かしていく様子が蒼の視点で語られています。また蒼や京介にも様々な過去や秘密があり、シリーズを通して彼らの成長が描かれつつ 徐々に過去が明らかになっていきます。1冊読んだら、次を読まずにいられない そんなシリーズです!! 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待はずれかな

2017/07/23 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

建築探偵というのがちょっと惹かれる設定だったので読んでみました。

物語としては「誰が」「どうして」その事件を犯したのか?というめちゃ王道の推理小説でした。
正直事件の舞台となるスペイン風の別荘もあまり意味がない感じで、これで終わりなの?という結末でした。

人気があったのかシリーズ化され15作も出ているのであと一冊2作目を読んで判断しようかと思っています。
ただ、本作はすでに紙媒体では絶版中で古書で手に入れるか、電子書籍で読むしかないようです。

本編はさておき、巻末の解説を笠井潔氏が書かれているのですが、こちは読ませます。笠井さんの作品は好きですが少々くどく感じることもあるのですが、色んな本で書かれた解説はいつも見事な出来栄えだと思っております。(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/14 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/27 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/12 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/30 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/05 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/07 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/11 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/14 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/01 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/08 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/26 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る