サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 場のダイナミズムと企業

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

場のダイナミズムと企業
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-52106-2
  • 国内送料無料

紙の本

場のダイナミズムと企業

著者 伊丹 敬之 (編著),西口 敏宏 (編著),野中 郁次郎 (編著)

場のマネジメント、場の動態と知識創造、場への学際的接近、場と自己組織化、市場における場の機能など、「場」の論理を経営学へと応用する新たな視点を提供する。【「TRC MAR...

もっと見る

場のダイナミズムと企業

2,592(税込)

ポイント :24pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

場のマネジメント、場の動態と知識創造、場への学際的接近、場と自己組織化、市場における場の機能など、「場」の論理を経営学へと応用する新たな視点を提供する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

さまざまな「場」 伊丹敬之 著 1-12
場のマネジメント 伊丹敬之 著 13-44
場の動態と知識創造 野中郁次郎 著 45-64

著者紹介

伊丹 敬之

略歴
〈伊丹〉1945年生まれ。カーネギー・メロン大学経営大学院博士課程修了。一橋大学商学部教授。
〈西口〉1952年生まれ。オックスフォード大学博士。一橋大学イノベーション研究センター教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/3/20朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人々が集い、情報をやり取りし、理解を深めて共通の体験をする「場」をキーワードにした新しい経営論。組織マネジメント、知識創造法を柱に、現代物理学や生物学の取り組みも踏まえて、ケーススタディーで実証する。「日本的経営」に普遍性を与える一つの試みになっている。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「場」という観点からの経営学

2001/01/26 11:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dakara - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近年、「場」というコンセプトが経営学で大きな関心を集めています。本書によれば、これからは「場」を活かす企業こそが生き延びることが可能なのだそうです。本書は日本を代表する経営学者らによる「場」の経営学に関する論文集です。「場」というのは、非常に広い意味で用いられる便利な言葉です。本書でもそれぞれの筆者により、スタンスが異なるようです。本書に収録されている論文には、知識創造、トヨタ・グループ、秋葉原など、理論とケースが収録されています。生物学や物理学、哲学など学際的な知見を用いて論じられています。「場」を理解するのはなかなか大変ですが(本書を読んでも「わかる」まではいきませんでした)、考えるきっかけにはなります。というわけで、本書は「場」の研究宣言という趣をもった本なのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/24 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む