サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

安達ケ原の鬼密室(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182111-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

安達ケ原の鬼密室 (講談社ノベルス)

著者 歌野 晶午 (著)

兵吾少年は、奇妙な桝形の屋敷に住む老婆に助けられた。その夜、少年は窓から忍び入ろうとする鬼に出くわす。そして次々と起きる奇怪な事件。真相は50年の時を経て「推理嫌い」の探...

もっと見る

安達ケ原の鬼密室 (講談社ノベルス)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

兵吾少年は、奇妙な桝形の屋敷に住む老婆に助けられた。その夜、少年は窓から忍び入ろうとする鬼に出くわす。そして次々と起きる奇怪な事件。真相は50年の時を経て「推理嫌い」の探偵によって明らかになる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

歌野 晶午

略歴
〈歌野晶午〉1961年福岡市生まれ。東京農工大学卒業。88年「長い家の殺人」でデビュー。著書に「Rommy」「正月十一日、鏡殺し」「ブードゥー・チャイルド」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

2007/05/27 12:56

投稿元:ブクログ

いくつかの時間と場所が重なり合っている少し特殊な構成です。「本格超巨編」という煽りには個人的に?ですが、最後の終わり方は上手い具合に力が抜けます。

2008/10/17 23:30

投稿元:ブクログ

オススメして頂き、お借りして読みました。

うん、コレはミステリ好きなら読んでおかないとイカンでしょう、と。
本におさまってる短編のちぐはぐさの謎は、一冊とおして読み終わるとなるほどねと納得できて、そう言う仕掛けがまた楽しいですし、一編いっぺんも謎解きが楽しいんでとてもお得な気持ちになれます。
この謎、最初読んだときちっともわからなくて、トリックを知ったとき「あー、あぁー」と思いつかなかった自分にがっくり力が抜けました。

2012/09/26 14:46

投稿元:ブクログ

今まで読んだ歌野作品で一番好きかも知れない。
それぐらい読後の爽快感が良かった。

いくつかの独立したストーリーの関連が分かるラスト、
謎自体にも古めかしい魅力・恐怖があり、ページをめくるのが楽しかった。

人にオススメしたくなる一冊

2016/05/31 11:59

投稿元:ブクログ

A B C D C2 B2 A2といった珍しい構成。後半でABCのそれぞれの種明かしと謎解きが語られる。それぞれに相関関係はほとんどないのだが、トリックやテーマが他の話のトリガーとなっていたりと凝った作り。テーマは水と溺死といったところか。最初のA,Bを読んだ時点では全く本のタイトルと関係ない話が続くのでやめてしまいそうになった

2010/12/03 14:46

投稿元:ブクログ

3つの話にはある共通点があって、読み終えてから、なるほどね!と思った。時間と場所が全然違うところでの話だけれど、どれもスーッと入っていけた。

2011/10/16 22:06

投稿元:ブクログ

なんというか…
子供向け短編小説と、アメリカ下町物語は必要なの…?
いや、根本で繋がってるのはわかるんだけど、そして本編は面白いのに、正直だるい。
あと、カバーと中身間違ってないか何回か確認した。

感想は得になし。
見事に謎解きされましたね。という感想のみ。
だって本当に謎解きしかしてない…
あー、上で面白いって書いてますが、トリックというか謎と謎解きは面白いです。
話は別にどうとも思わない…
面白くないわけでもないけど面白くもない。
感想書きにくいなー。

2011/09/16 00:01

投稿元:ブクログ

こうへいくんとナノレンジャーきゅうしゅつだいさくせん
がめでたしめでたしでよかった。子供には泣いてほしくない。

2011/12/27 08:41

投稿元:ブクログ

これも若干わかりにくいですが、とても歌野さんらしいしかけの作品です。
ただ、初めて歌野さん作品に手に取るにはお薦めしません。