サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. Yellow Hex AD 8C 38

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Yellow Hex AD 8C 38
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 小学館プロダクション
  • サイズ:20×20cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7968-7011-3
  • 国内送料無料

紙の本

Yellow Hex AD 8C 38 (Shopro art & monologue book イラストストーリー彩虹書)

著者 陳 淑芬 (絵と文),平凡 (絵と文),銀花 (絵と文),鈴木 麻里子 (訳)

どうして……ふたりは恋をしてしまったの? もしかして……運命のいたずら? 少女の揺れる恋心を細やかに描くストーリーとCGイラスト。日本語・中国語併記。【「TRC MARC...

もっと見る

Yellow Hex AD 8C 38 (Shopro art & monologue book イラストストーリー彩虹書)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうして……ふたりは恋をしてしまったの? もしかして……運命のいたずら? 少女の揺れる恋心を細やかに描くストーリーとCGイラスト。日本語・中国語併記。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

少女から女性へ…

2002/03/02 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:叉葉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どうして……ふたりは恋をしてしまったの?
 もしかして……運命のいたずら?
 彼との思い出が私の心をいつまでも苦しめた。
 喉に何かがつかえたように。
 水の入ったグラスが欲しい。
 私の思考は止まったまま……
 どこにあるの……水の入った1杯のグラス……。
 (カバー折り返しより転載)

 イラストは喫茶店にいる1人の女の子を時間を追って描いている。この本は、女の子が1人の男性と出会い、惹かれあい、そして別れるまでを、喫茶店でグラスに入った飲み物を飲みながら回想している姿のイラストを収録した絵本のような本です。女の子は、自分は子供だったのだと回想しながら言っています。でもイラストで描かれている現在の姿もやはり幼さが残っているように感じます。彼から最後に貰った1枚の手紙。それには何が書かれていたのか。最後のページ。男性と一緒に描かれているあの女の子のイラストはどういう意味を持っているのか。ちょっと含みのある終り方だなと思いました。
 この本は、中国語と英語と日本語で書かれています。翻訳は声優の鈴木麻里子さんがチャレンジしたと書かれています。巻末にはインタビューも掲載されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する