サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

タイニィ・タイニィ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/103p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-01326-8
  • 国内送料無料

紙の本

タイニィ・タイニィ

著者 浜田 順子 (著)

【文藝賞(第36回)】「わたし」と「ぼく」と「オレ」−三人の高校生のひと夏を描きつつ、この時代の真の絶望を淡々とうたう。第36回文芸賞受賞作。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

タイニィ・タイニィ

1,296(税込)

ポイント :12pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

文藝賞ベストセレクション 12巻セット

  • 税込価格:14,842137pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【文藝賞(第36回)】「わたし」と「ぼく」と「オレ」−三人の高校生のひと夏を描きつつ、この時代の真の絶望を淡々とうたう。第36回文芸賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浜田 順子

略歴
〈浜田順子〉1974年兵庫県生まれ。武庫川女子大学卒業。「タイニィ・タイニィ」で第36回文芸賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どうせ明日はやってきて、私はここで生きていく。

2001/05/25 13:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 新井素子と若木未生を合わせたような独特の文体と、哲学的な感性と、壊れたテンポのよさ。3人の高校生の一人称で成り立っている所も面白い。これがデビュー作でどこかの賞を貰ったそうですが、かなり大物では?という印象を受けました。
 今時の若者たちの青春の話のようでいて、テーマは重い。食べては吐くことを繰り返す女の子の「食べたい太りたくない食べたい太りたくない…」って、あれは若い子の何割かは絶対思っていることだだろうし、はじめはまともに見えていた××君の狂気とワガママもすごい。しかし更に一番いい性格してたのは××の方だったりして…。
 なんかホントこの作者、すごい感性してるなぁと驚かされました。2作目もぜひこの調子で行ってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人のバラには水をやれない

2001/07/26 23:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 同じ高校に通う奈美と大森と山崎。複雑に依存しあっているように見えながら、それぞれの心の中は高い壁で囲まれている。ぶっきらぼうなやさしさは中途半端に手を差し伸べることを拒絶する。

 人は人を救うことはできない、たとえどんなに愛していてさえ。自分のバラは自分で世話しなければならない。人のバラには水をやれない。3人はそれを痛いほどわかっている。それが彼らの愛のかたちだ。

 のっぺらぼうの世界より、破滅のほうがまだましだ。ゾンビのように生きたくはない。枯れたバラにはなりたくない。明日は必ずやってくるのだから、生きていかなければならないのだから、なんとか枯らしてしまわないように不器用ながらも育てていくしかないのだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/03 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/20 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む