サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛妻記(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-603003-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛妻記 (岩波現代文庫 社会)

著者 新藤 兼人 (著)

愛妻記 (岩波現代文庫 社会)

864(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/08/04 00:23

投稿元:ブクログ

≪内容≫
映画監督・脚本家である新藤兼人が妻・乙羽信子について綴った回想記。

≪感想≫
末期癌による余命宣告を本人に告げる代わりに、新藤は乙羽さんに映画を作らないか、と提案する。「事実は小説より奇なり」とはよく言ったもので、乙羽信子の波乱に満ちた人生や新藤監督との関係はまるで作り話のような美しさがあるように思う。

長い不倫関係にあった頃の話から最期の一瞬まで、一人の女優の生をそのまま写し撮ったような回想録であるが、乙羽さんの日記や対談の抜粋、映画のシナリオなどが折々で挟み込まれており、乙羽さんの素朴な一面までもが鮮やかに浮かび上がってくる。映画監督と女優という立場は違っても、本当に互いを尊重しあい支えあって生きてきたというのが強く感じられ、静かながらも揺るぎ無い男女の愛情が犇々と伝わってきた。

乙羽信子という女優を僕は知らなかった。正直に言うと新藤監督の作品もあまり見たことがないし、この本を手に取ったのもただの気紛れの類であった。本の中で初めて知った昭和の名女優を生で見ることができなかったのは残念なことだが、フィルムの中で彼女の生に出会うことができるというだけでも幸運なのかもしれない。遺作「午後の遺言状」を是非探してみようと思う。

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む