サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月の影影の海 下(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 113件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-264774-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月の影影の海 下 (講談社文庫 十二国記)

著者 小野 不由美 (著)

容赦なく襲いかかる妖魔に水禺刀で応え、裏切りに疲れた旅の果て、陽子は唯一の親友となる半獣の楽俊と出会う。二人は豊かな隣国、雁の国に向かい延王に謁見。そして、なぜ陽子が過酷...

もっと見る

月の影影の海 下 (講談社文庫 十二国記)

576(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

容赦なく襲いかかる妖魔に水禺刀で応え、裏切りに疲れた旅の果て、陽子は唯一の親友となる半獣の楽俊と出会う。二人は豊かな隣国、雁の国に向かい延王に謁見。そして、なぜ陽子が過酷な試練をへて異界へ旅立つことになったか、真実が明かされるのだった。地図にない国―十二国の大叙事詩が今こそ始まる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー113件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

楽俊に感謝

2017/09/26 20:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「私を異界へ喚んだのは、誰!?」上巻で過酷なサバイバルを強いられて、誰も信じてはいけない、頼りになるのは自分のみと言う心境に陥った陽子が、初めて信頼出来る仲間と出会ったのが半獣の楽俊。その後は怒涛の展開で、「王」を詐称した勢力を征伐して、監禁されていた自分の臣下と再会。ラストの陽子は慶王とて迎えられるときの達成感はよかった。卵から人が生まれる設定にはびっくりしたな

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生は旅なり

2001/02/03 00:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:taigo - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は死と再生の物語である。
 主人公陽子は、異世界での孤独な旅の中で今までの「自分」と向きあい、その卑小さ醜さを知ることになる。
 それは陽子が月の影を通る時に一度死んだからだ。だが陽子の心は自分が死んだことを認めたくないため、すでに死んでしまった「自分」にこだわり、それゆえに苦しむことになる。その苦しい旅の中で、今までの「自分」を冷静に見つめ理解しようとすることで死んでしまった「自分」を認め受け入れることができるようになる。陽子の旅は、一度死に再び生まれ成長していくという物語なのだ。
 そのことは陽子と深い縁で結ばれている慶国をみればわかる。前王の死により国が乱れる。国の死である。そこに死と再生の旅を終えた陽子が訪れる。そのことにより慶国は再生する。
 陽子の物語は慶国と連関しているのである。それは陽子と慶国の深いつながりを示すものであり、慶国の死と再生は陽子の旅が死と再生の物語であることを表している。
 死と再生の旅の果てに陽子が得、見つけたものは何か。そのことを本書を読み、ぜひ知ってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当の自分

2002/07/21 21:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もち - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃、「本当の自分はこんな平凡でつまらない人間じゃない。もっと特別な力がある」
などという妄想を抱いていたことがあった。
そのころの自分がこれを読んでいたら、主人公の立場が羨ましくてならなかっただろうなぁ(実際この本を読んだのはかなり大人になってからなのだが)。髪や目の色が変わり、しかも一国の王。でも主人公・陽子にとっては平凡な自分の方が大事だった。でも運命は容赦なく陽子を王へと押し上げていく。若き女王の手腕に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あなどるなかれ!

2002/11/12 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:でぶりんスカヤ - この投稿者のレビュー一覧を見る

異世界ファンタジーでしかもアニメ化されたと聞けば敬遠される方も多いかも知れませんが、実はこの物語は壮大な人間ドラマがベースになっています。
平凡な女子高生が十二国とゆう世界で王になる…とゆうお話ですが、作家・小野不由美の底力が如何なく発揮された骨太なドラマです。今作品はすでに発売されている十二国記シリーズの一番最初の物語なので、多少好き嫌いがあるかも知れませんが、「あなどるなかれ!」ですよ。取りあえず読んでみよう。そしてそれから登場人物たちと矛盾を感じながらも十二国記の長い旅に出てみて下さい。
何が見えてきましたか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王道のようでそうじゃない、読む価値ありの傑作ファンタジー

2003/10/23 19:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紅豆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人の顔色を伺いながら生きる高校生陽子のもとに、ある日不思議な男が現れる。
「あなたを迎えに来ました。」

そんな出だしの異世界ファンタジーと聞けば、弱い少女が数々の試練を乗り越えてたくましくなっていく話を想像するかも知れません。
ある意味そのとおりです。
が、その程度が半端ではありません。
「試練」は襲い掛かる怪物だけではなく、…というか怪物など比にならないくらい人間が怖いです。
その結果異世界で一人ぼっちの陽子の「たくましさ」も、シャレにならないものになっていきます。

騙し騙され、盗み盗まれ、殺しそうにも殺されそうにもなりながら、陽子はたくましくなっていく。
しかしそれは「成長」と私たちが普段呼ぶものとは程遠く、獣のように荒んで行くいく陽子。

さあ、彼女の明日はどっちだ!?(笑)

というのが上巻までのあらすじ。
上巻だけ読んで、あまりのダークさに打ちひしがれた方も多いでしょう。
しかし! ここでやめてはいけません!
下巻でやっと光が見えてきますので、我慢して下巻も読みましょう(笑)

陽子がこの世界に来た意味は、ちゃんとあるのです。

個人的にラストが駆け足気味で、「あれあれ??」と言う印象を持ちましたが、それを補って余りある魅力があります。
続編もありますし♪(「風の万里黎明の空」が直接の続編となっています)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

誰よりも血を流し、自身の王なった日。痛みが報われる物語。

2003/11/12 01:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ 「だいじょうぶか?」
■ 陽子は激しく瞬いた。子供の声に聞こえたが、訊いてきたのは
■ 間違いなくそのネズミだった。不思議そうな表情をして、ご丁寧に
■ 首までかしげる。
■ 「どうした? 動けないのか?」
■(——P009)

疑心暗鬼の単独行の果て、いよいよ生き倒れた陽子。
期待することも信じることも手放して、ようやく繋いだ命。

救いの手? 吉兆? ただ、利用しようと思った。
傷が癒え、「目指すべき場所」を知り、旅を再開する。

生きることを、当たり前に最優先し、
気が付けば人間味が損なわれていた。
疑心暗鬼の声さえねじ伏せるほど、心底恥じた。

苛烈な旅を生きて、陽子は初めて自身の王になった。
そして、解き明かされる謎、ふたたび胸に宿るあたたかな心。

「私を裏切るのなら、私はあなたを信じない」
「愛してくれないのなら、私も愛さない」
そう、拳を握りしめて生きて、花開いた陽子。
もう見返りはいらない。

心の赴くままに信じ愛す、与える立場を獲得した人を知る一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこまでも果てしなく壮大なファンタジー

2004/02/19 16:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶体絶命の陽子を助けたのは、半獣と呼ばれる、大きなネズミでした。楽俊、というこの半獣の好意を陽子は素直に受け取ることができません。この世界に味方などいないのだと、頑ななまでに心を閉ざします。

それでも自らの安全のために楽俊を見捨てたとき、陽子は己の浅ましさに気づきます。

——追い詰められて誰も親切にしてくれないから、だから人を拒絶していいのか。善意を示してくれた相手を見捨てることの理由になるのか。絶対の善意でなければ、信じることができないのか。人からこれ以上ないほど優しくされるのでなければ、人に優しくすることができないのか。

ここから、陽子の成長が始まります。彼女の心の変わりように伴って、周囲の状況も大きく変わり、道が開けていきます。そして陽子がなぜこの異世界に連れてこられたのか、なぜ妖魔に襲われるのか、といった謎が明らかにされていきます。
上巻ではただただ過酷な試練に耐えるだけだった陽子ですが、本書では目覚しい成長を遂げます。

それでも、心を開いて己を見つめる目を持った分、自身の浅ましさに気づいてしまった陽子。天命を知りながらも、新たな道を歩むことにまた悩むのです。

陽子にとっては、これが異世界での始まりです。この先も陽子にはけして安楽な道が敷かれているわけではありません。著者が記すファンタジーはとても過酷でシュールな世界です。たとえ天命を受けても、それですべてが決まるわけではないのですね。
どこまでも果てしなく壮大なファンタジー。
陽子のその後の物語は、このあと『風の万里 黎明の空』へと続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/04 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/14 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/20 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/14 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/23 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/02 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/01 04:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/25 18:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る