サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 思考する物語 SFの原理・歴史・主題

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

思考する物語 SFの原理・歴史・主題
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/239,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-01516-6
  • 国内送料無料

紙の本

思考する物語 SFの原理・歴史・主題 (Key library)

著者 森下 一仁 (著)

SF特有の感動とされる「センス・オブ・ワンダー」とは何か。そして、物語とは、創造力とは。認知科学をはじめ、幅広い分野にわたる考察をもとに、「SFとは何か」という単純な、そ...

もっと見る

思考する物語 SFの原理・歴史・主題 (Key library)

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

SF特有の感動とされる「センス・オブ・ワンダー」とは何か。そして、物語とは、創造力とは。認知科学をはじめ、幅広い分野にわたる考察をもとに、「SFとは何か」という単純な、それでいてつかみ所のない疑問に挑む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森下 一仁

略歴
〈森下一仁〉1951年高知県生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。高知放送勤務を経て、SF創作および評論の分野で活躍。日本SF作家クラブ会員。著書に「コスモス・ホテル」「現代SF最前線」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

理論的には優れた評論だが、実践的には不親切

2001/06/03 01:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松谷嘉平 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 センス・オブ・ワンダーの概念を中心にして「SFの原理・歴史・主題」を考察した長篇評論。

 〈センス・オブ・ワンダー〉、日本語にすれば〈驚異の感覚〉は文字どおり「感覚」であるので、このジャンルで広く使われている割には、これまで理論的に語られることは少なかったようだけれども、本書は現代の認知科学の成果を援用しながら、明確に分析を行っている。
 人が何かを理解するには、「知識を表現するための枠組」である「フレーム」が必要であるという、マーヴィン・ミンスキーの理論に基づき、著者は

 [センス・オブ・ワンダーとは新しい世界のフレームを手にした時の心の躍動である](p36)

と定義する。

 さて、このように「SFの原理」を詳細に語っていく第一部だけれども、「詳細さ」が科学的な仮説に基づく説明に力点が置かれている分、個々のSF作品が証例として奥に引っ込んでしまっている点は、私のようなこのジャンルに疎い入門者にとっては不満が残るところだ。
 例えば、ここでもフレドリック・ブラウンの短編「天使ミミズ」について、先の原理を敷衍しつつ分析して、ファンタジーとSFの違いについて語る部分などは、非常に興味深く読むことができるので、このようなかたちで、もっと作品を前面に置きながら、理論を語るほうが良いように感じる。
 ここらへんは演繹法的なものよりも帰納法的な方が私の好みだから、ということかもしれないけど。
 この不満は「SFの歴史」について書かれた第二部でも同じくで、その意味では、作品論的な要素の強い第三部「SFの主題」が一番、面白かった。

 門外漢の勝手な思い込みを書くと、SFが近年、ムーブメントとして低迷している理由には、それを語る力の衰弱があるのではないかと思う。
 本書は、確かに「SFとは何か」ということに関して明確な答えを用意してくれはする、のではあるけれど、「この作品を読まなきゃ!」という衝動を駆り立てるようなスリリングなところが乏しい(まあ、いくつかは、そういう作品を見つけましたが)。
 蓮実重彦風にいうなら、今SF評論に必要なのは、そのような「煽動機能」だと思うのだけれど、どうだろうか?
 なぜなら、本書自体が明らかにしてるように、重要なのは〈センス・オブ・ワンダー〉を読者自身が「発見」することなのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/16 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/20 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説研究 ランキング

小説研究のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む