サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生物学の旅 始まりは昆虫採集!(新潮選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-600578-6

紙の本

生物学の旅 始まりは昆虫採集! (新潮選書)

著者 岡田 節人 (著)

なぜトカゲの尻尾は切っても再生するのだろう? ヒトの細胞にはそのような力はないのか。戦後の一科学者の思索の歴史とともに語られる生物学の変遷。京都新聞に「たどり来し道」とし...

もっと見る

生物学の旅 始まりは昆虫採集! (新潮選書)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜトカゲの尻尾は切っても再生するのだろう? ヒトの細胞にはそのような力はないのか。戦後の一科学者の思索の歴史とともに語られる生物学の変遷。京都新聞に「たどり来し道」として連載されたものに加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡田 節人

略歴
〈岡田節人〉1927年兵庫県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学名誉教授。専門は発生に関する研究。95年に文化功労者となる。現在はJT生命誌研究館館長。著書に「からだの設計図」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

岡田節人先生の歩まれし道

2003/08/24 09:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ころり - この投稿者のレビュー一覧を見る

岡田節人(ときんど)博士は、日本の発生学を代表する生物学者である。日本の生物学の学生の内、発生学を志すもので、岡田博士を知らぬ者などおるまい、というほどのお方である。小生も一度だけ、博士が館長を務めておられた(現在は名誉顧問)JT生命誌研究館でお話を伺ったことがあります。トカゲのデザインのTシャツを颯爽と着こなしておいでであった(博士のファッションは密かに有名だ)。本書はそんな偉大な発生学者岡田節人博士の公私にわたる研究生活を自ら語られている本です。博士の研究と発生学の発展とがバランス良く語られていて、すいすいと読めてしまう。数々のエピソードも面白い。小生など影響を受けてキューンの’動物学のテキストを購入してしまった程だ。小生は生物学を学んでいるから読みやすいということもあろうが、岡田博士の独特の語り口は読むものを魅了せずにはいないだろう。本書を、生物学を学ぶ方にはもちろん、生物学研究についてご存知のない方にもお薦めしたい。

目次

はじめに

第一部 生物学事始め

キーワードは「文明開化」 古い商家のこぼんさん ハイカラ趣味としての科 学 猪名川の蝶たち 京都の虫・六甲の虫 生き物に手を加える 再生するプロメテウスの肝臓 再生を調べた人、見た人 プラナリア−この愛すべき不死の動物 動物学の七十年を教科書で見る

第二部 形づくりに魅せられて

最後の生気論は発生研究から なぜ発生学であったか 胚−育ち行く生の姿 デビューは幸運 イモリへの思い入れ 実を結ぶ日は見ずとも 戦乱のなかの科学者−二十世紀を象徴する大逃避行

第三部 生きた細胞の発見

私誌の変遷期 イモリの腫瘍−今もユニークなテーマ 洋行−死語で語るべき話 オカダケン 気弱な還元主義 細胞を飼う なじむ、なじまない、それが鍵だ 始まりは草深きスコットランド ゲーテから遺伝子まで 再生の驚異を生む細胞の本性 細胞の分化、この非経済的策戦 しなやかさを還元する いわゆるクローン技術とのかかわり

第四部 生物学の変遷をふりかえる

生物多様性(再)登場 モデル生物だけには頼れない? 三河の国 科学のコンサート・ホール 私にとっての音楽 音楽に聴く生命誌 生物学はだらしないか?−多様と普遍のはざまで モーガンのアンビバレンス 進化と個体発生をつなぐ エボ・デボ生物学の世界 からだの設計図の進化

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。