サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

道祖土家の猿嫁
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/501p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-209899-7
  • 国内送料無料

紙の本

道祖土家の猿嫁

著者 坂東 真砂子 (著)

祭りの唄は海を渡り、男と女は血を超えていだきあう。日本人はどこから来て、どこへ行くのか。濃密な筆致でこの国の根源に迫る大河歴史ロマン。土佐の山村で、ワールドワイドな百年物...

もっと見る

道祖土家の猿嫁

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

祭りの唄は海を渡り、男と女は血を超えていだきあう。日本人はどこから来て、どこへ行くのか。濃密な筆致でこの国の根源に迫る大河歴史ロマン。土佐の山村で、ワールドワイドな百年物語の幕が開く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坂東 真砂子

略歴
〈坂東真砂子〉1958年高知県生まれ。奈良女子大学住居学科卒業。イタリアに2年間留学。長編怪奇小説「死国」で注目を集める。「山妣」で直木賞受賞。他に「葛橋」「ラ・ヴィタ・イタリアーナ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ルソーを思わせるカバーの向こうは、土の香のする土佐の国だった

2002/09/18 21:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

坂東真砂子が、奈良の大学で建築学みたいなことを学び、イタリアで数年を過ごし、今はタヒチに居を構えていると知ったときは、どうしてこんなに日本の土俗的な世界を描く人が、と思わず作者紹介の住所を読み直してしまった。

土佐の火振村、郷士道祖土家に花嫁がやってきた。奇妙に静まり返った行列、見上げると花嫁の顔は、猿そっくりだったという、幻想的で、どこかユーモラスな出だしは、物語の始まりとしては抜群だと思う。道祖家に嫁いできた蕗の生涯を、明治から昭和にわたって、粘りのある独特な文体と綿密な歴史考証で描くところは、高村薫『晴子情歌』にも似ている。

道祖清重と蕗の夫婦に、出戻りの姉の蔦、子供の秋英、俊介、保夫、春乃、孫の篤、辰巳、ひ孫の十緒子と一族の歴史が濃厚に綴られる。土佐を揺り動かす自由党と国民党の選挙、社会主義と共産主義、小作の自立。日々の生活を離れ主義に翻弄される男達。それに対し、地に脚をつけ揺ぎ無い女たち。当時の東京など都会の様子に触れることもなく、村のなかで一生を終える土佐の普通の人々。彼らの歴史が坂東らしい粘りのある文章で綴られる。蕗が嫁いでから死ぬまでの約70年の、少しの緩みもなく流れる時の重さ。大きく方向を変える日本の政治。

その中で意のままにならない日々を送る人間の心の叫び、それでも時は流れていく、それへのもどかしい思い。人々の思いを余所に、繰り返される淡々とした日常生活。感動とは別次元の、人の一生の重さに圧倒される。そういうところまで『晴子情歌』に似ている。この二作を読めば、日本の近代がどのようなものであったかが見えてくる。

この本は、カバーも重厚なデザインで、文章の密度も大変に濃い。それが決して付け焼刃でないことは、知識をひけらかすだけの底の浅い衒学的なところが少しもないところにも現れている。華麗ではない、しかし絶対に軽薄には流れない大河のごとき小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/08 13:10

投稿元:ブクログ

次の箇所が印象的だった。

日本人であるとはいえ、父は死後もここに残り、家霊ピイー・ルアンとなり、母や私たち、そしてその子孫も見守ってくれることでしょう。

日本人でもタイに住めば、タイの精霊となるのだろうか?

2012/02/08 22:38

投稿元:ブクログ

坂東眞砂子でまず紹介したい3冊です。いずれも壮大なスケールと精緻な考証で読む者を坂東ワールドへ誘います。短編よりも長編にこの作家の真骨頂を見ます。ぜひ時間のあるときにどうそ!

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る