サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. エロティシズム12幻想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エロティシズム12幻想
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: エニックス
  • サイズ:20cm/357p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7575-0166-8
  • 国内送料無料

紙の本

エロティシズム12幻想

著者 津原 泰水 (監修),我孫子 武丸 (ほか著)

淫猥な仮想メディア、無機への偏愛、絢爛たる妄想、性衝動の果ての悪夢…。「エロティシズム」という名の書き下ろし幻想小説集。牧野修「インキュバス言語」、有栖川有栖「恋人」、菅...

もっと見る

エロティシズム12幻想

1,543(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

淫猥な仮想メディア、無機への偏愛、絢爛たる妄想、性衝動の果ての悪夢…。「エロティシズム」という名の書き下ろし幻想小説集。牧野修「インキュバス言語」、有栖川有栖「恋人」、菅浩江「和服継承」など12の作品を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

インキュバス言語 牧野修 著 5-24
恋人 有栖川有栖 著 25-52
和服継承 菅浩江 著 53-72

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人それぞれのエロティシズム

2001/09/29 08:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YASU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリー、ホラー、SFといった様々なジャンルの12人の作家達がエロティシズムを軸に描いた短編集。

 私の場合、作品に触れたことのある作家とこれまでに全く縁のなかった作家が半々であったが、全編を通して新鮮さを味わえた。
 牧野修氏の「インキュバス言語」に関しては、その手に関しての言葉の羅列の部分が多いが、普段の氏の作品の方によりエロティシズムを感じられる様な気がする。これは、直接的な表現ばかりが色っぽいというわけではないのだということをあらためて知った一編だった。
 有栖川有栖氏の「恋人」は、全編の中でも独特の雰囲気を持った作品だ。そのフェティシズムに少々恐ろしさも覚えたが、実害のないところは有栖川氏らしい優しさを感じた。
 初めて目にした作家のお一人皆川ゆか氏の「荒野の基督」には度肝を抜かれた。こういうテーマでは女性の方が大胆になれるものなのか(賞賛しているのです)……かなり直球で倒錯的な世界を堪能できた。
 京極夏彦氏の「鬼交」は、いつもの如く独特の妖しい作品だ。直接的な表現もまずはなく、気怠い異世界といった空間を漂うような雰囲気は健在だった。
 
 とにかく色々なタイプのエロティシズムにあふれている本なので、きっと読者それぞれに気に入る作品は違うのだろうと思う。言葉であろうが、肉体であろうが、どういう箇所にエロティシズムを感じるかというのは結局は個人の感性であるように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/18 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る