サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

熱い読書冷たい読書
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1171-9
  • 国内送料無料

紙の本

熱い読書冷たい読書

著者 辻原 登 (著)

大水害の濁流の中を、父の本棚が流されてゆく。谷崎の「鍵」が載った『中央公論』といっしょに。そして、そこからぼくの読書遍歴が始まった。読書の楽しみを自伝的風景の中に語る。【...

もっと見る

熱い読書冷たい読書

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大水害の濁流の中を、父の本棚が流されてゆく。谷崎の「鍵」が載った『中央公論』といっしょに。そして、そこからぼくの読書遍歴が始まった。読書の楽しみを自伝的風景の中に語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

辻原 登

略歴
〈辻原登〉1945年和歌山県生まれ。85年デビュー作「犬かけて」が芥川賞候補、90年「村の名前」で第103回芥川賞受賞。他に「黒髪」「翔べ麒麟」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/04/25 20:49

投稿元:ブクログ

やたらうまい。本・映画をめぐるエッセイ。3ページ前後ですとんと落ちる。もちろん読みたい本が大量に増えた。

2013/03/10 13:19

投稿元:ブクログ

『遊動亭円木』一作で感嘆したのだが、巧い書き手である。

何が上手いか。まず題名のつけ方がうまい。『遊動亭円木』でも、そうだが、ひねりが効いていて洒落っ気がある。それでいて、今はもう喪われてしまったものに寄せる仄かな哀切感が漂う。それは、たかだか四百字詰め原稿用紙四枚程度にまとめられた書評にもあてはまる。主題を押さえた上で、もうひとひねり加える。そうすることで、読者をひきつける。たとえば、「僕には魚が釣れない」。これなぞは、まるで今風の小説の題だ。「四十九日の物語」は、主題をずばっと言い切ったタイトル。「小説の堪えられない旨さ」は、いわずと知れたクンデラのもじり。

次に、書き出しがいい。あえて断言口調を用いる。曰く「小説の主人公には深い情熱と知性、要するに『性格』が必要だ。」これは北村薫の「円紫さん」シリーズを語る冒頭。「一冊の本について、もしそれを正確に本の終わりからはじめへと要領よくたどるなら、これにまさる評はないのでは、と考えている。」ではじまる中勘助の『犬』の書評は、ゆくりなくもその実例を見せる。「わが日本文学に花柳小説というジャンルがあった。」と、過去形ではじめて、今はないその花柳小説の変種として井上靖の『あすなろ物語』を持ってくる力業。どれも上手い。

そうなると当然のことながら、結びが気になるが、これがまた、いい。絢爛豪華な舞台が突如として暗転するような息を呑む終わり方や、嫋々とした余韻を残す結末と、工夫をの跡が見て取れる。初恋の人ドロレス・デル・リオとの恋のさなかに撮りあげた『市民ケーン』について、「彼は幸福の絶頂にあった。映画の入りはさんざんだった。」という対句の決まり文句。鏡花張りの語り口調を生かした『眉かくしの霊』の結びはこうだ。「か細い女の声音で『似合いますか』。まわりがはっと息をのんで、しんとなる。」まるで鏡花だ。

それでは、肝心の中身はどうかといえば、そこはそれ、練りに練られている。特に、今まで他の評者が触れていないだろう新解釈や、気づいていない魅力を語るとき、作家の筆はいちだんと冴える。カフカの『変身』。作家はこのよく知られた物語を、友人が死んで四十九日の法要を終えたとき、突然思い出す。冒頭をこう変えて読む。「ある朝、グレゴール・ザムザは……自分が死んでいるのに気づいた」と。「これはつまり『四十九日』の物語なのだ。四十九日目に死者の魂は肉体を離れて冥土へ旅立つ。土中では死体の溶解がはじまる。生きている者たちは再び生への活気を取り戻すだろう。死者は自分の死を受け入れるだろう」。この物語のはじまりから終わりまでは正確に一ヶ月半となっているそうだ。

数え上げれば、うまいと思える点は、まだ他にもある。引かれている引用文がいい。あとで、何かの時に拝借できるという効用がある。「薬を飲みたがる気持ちは人を動物と区別する最も大きな特徴のひとつだ。」これは、オーソン・ウェルズが18ヶ月目にベビーベッドで往診に来た医者に吐いた科白だそうだ。語り口の上手さ。北村薫を評した言葉がそのまま作者にもあてはまる。「理におちず、韜晦せず、情味に欠けず、あきさせない。」その通りである。

藤沢周平の作品を評するのに、持ち出した「サウダーデ」という、ポルトガル語以外に訳せないといわれる感情を、作家は「失われた時と場所への憧れ」と表現している。不在への憧れが悲しみをかきたてると同時にそれが喜びともなる、えもいわれぬ虚の感情……。それはまた、この書評集に流れる通奏低音でもある。書評というより、よくできた短編小説を読んだあとのような満ち足りた読後感が読者を浸す稀有な書評集といえよう。

2013/04/25 07:32

投稿元:ブクログ

書評の名著。

というより映画の予告編。

辻原先生はあらすじ描きの名手。

それもそのはず、小説作法の習得にあたかも画家のデッサンのごとき日夜の鍛錬としたらしい。

紹介された十数編の名作は必ず読みたくなる 。

ブックガイド・目録 ランキング

ブックガイド・目録のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む