サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

すべてがEになる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/503p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87728-355-2

紙の本

すべてがEになる (I say essay everyday)

著者 森 博嗣 (著)

ミステリー作家・森博嗣が、インターネット上のホームページで公開している日記を単行本化。山下和美による書き下ろしオリジナル「夢の競演」マンガ付き。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

すべてがEになる (I say essay everyday)

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ミステリー作家・森博嗣が、インターネット上のホームページで公開している日記を単行本化。山下和美による書き下ろしオリジナル「夢の競演」マンガ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉1957年愛知県生まれ。国立大学工学部助教授。「すべてがFになる」で第1回メフィスト賞受賞。ほかの著書に「黒猫の三角」「有限と微小のパン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

楽しい日記本。

2001/03/08 00:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイゾー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 すべてがEになる。どっかで聞いたようなタイトルと思う人もいるかと思います。そう、「すべてがFになる」でミステリィ界に新風を吹き込んだ、森博嗣氏の著作です。こちらは、小説ではなく、ホームページで公開されている彼の日記を本にしたもの。

 森氏は、ミステリィ作家であると同時に某国立大学工学部の助教授でもあるのですが、そんな彼の日常が書かれた日記、これが面白くないわけがない。作家ゆえ、文章も読みやすく、読んでて楽しいポイントもばっちりです。

 肩の力を抜いて、毎日すこしづつ読むのにぴったりの楽しい日記本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

理屈人間の面白日記

2002/07/11 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はづき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 インターネット上で公開されていた、ミステリー作家・森博嗣の日記(エッセイ)を1年分まとめた本。 
 私は森博嗣の本を全く読んだことがない。それにも関わらず、この本を手に取ってしまったのは地元ネタがふんだんに使われていたからと、彼がものすごく理屈で考える理系人間だからである。この本を読んでいて、理屈はへ理屈なんだなあってつくづく思ってしまった。私が普段疑問に思わずに生活してきたことも、彼はものすごい勢いで突っ込みを入れて、「何故」「その定義は?」と疑問や理屈を掘り出してくる。目から鱗とはこのこと!? 今まで全然気付かなかったことに気付かされて、はっとさせられた。彼のあまりの理屈人間っぷりに、憤慨したり、呆れたりもしたけど、どうしても嫌いになれないのは、やはり彼の魅力だからであろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日読んでみて

2002/07/09 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:椿  - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃に「アンネの日記」の読了に挫折して以来、日記を扱った本は避けてきた。
人の日常などを見て、なにが面白いのかと思っていたためだ。
森博嗣氏の本とあっても、手を出すには大きなためらいがあったのだが、好きな作家の本だけあって、面白かったこともあるが、一度読み始めるとここで読むのを止めるわけには行かないという分けのわからない感情が湧いてきて、毎日少しずつではあるが最後まで読了することができた。
ゆえに個人的に、読了感は、既読の森氏の作品の中で一番高い。

森博嗣氏のホームページに連載されていた1998年〜1999年までの一年間の日記(Essay)が収録されている。
webに載せられていた日記を紙で読むということで、リンクや掲示板、絵などのその当時の情報を見ることが出来ないが、本用に1ページに数箇所の解説が入れられており、全体的にさほども違和感は感じなかった(コメントが1ページずつあるため、ちょっとしたお得感がある)。
気取らず日常が書かれており、考え方、感じ方などが面白い。毎日、毎日、よくこれだけの量の日記を書かれるなぁと、毎日読みながら思っていた。
読み終えたのが、ちょっと寂しい感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2000/5/1

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経PC21 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は国立大学の助教授でありながら、ミステリー小説「すべてがFになる」シリーズの作家として多くのファンを持つ。この著者がウェブ上で公開していた日記を一冊にしたもの。著者自身が本にすることに「一抹の不安は消えない」と言うように、紙とネットの微妙な関係を浮き彫りにする一冊だ。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/11/19 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/03 06:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/22 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/14 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/06 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/27 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/16 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/26 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/13 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/01 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します推理・ミステリー ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。