サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

女の仕事じまん(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-180111-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女の仕事じまん (角川文庫)

著者 酒井 順子 (著)

女の仕事じまん (角川文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

女の仕事じまん

518(税込)

女の仕事じまん

ポイント :4pt / 紙の本より17おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.2

評価内訳

2012/09/02 13:38

投稿元:ブクログ

様々な「女性の仕事」を取り上げたエッセイ。
「主婦」も職業の1つと考える視点は、現在に通ずるなぁ。

2013/11/17 20:47

投稿元:ブクログ

ほかの著書から、酒井さんが子持ち主婦に対してあまり良い感情を持っていないのだろうなとは思っていましたが…この本を読むと立派に働いている女性に対してもわりと辛辣…
コラムニストというのはそういった性分というかそれが仕事なのかもしれませんが、じゃあどういった女性ならいいんですかと問うてみたい。

2009/08/15 20:31

投稿元:ブクログ

好き。
一方的でない見方が好き。
ちょっと皮肉るところが好き。
そしてちょっと自虐的になっちゃうところが好き。

2009/06/03 13:59

投稿元:ブクログ

看護婦さん、美容部員、バスガイド、総合職OL…。
酒井さんの体験や意見を交えて、沢山の職業が色んな角度から描かれているエッセイ集。
その中の「主婦」というエッセイを読んで、これはなかなか面白いシステムだと思った物があります。
それは、今の主婦が主婦業にやる気が持てないのは、がんばったとしても、いい意味で評価を受ける事が難しいからというのが酒井さんの意見。
そして考え出したのが、主婦も『職業』として認め、その労働にお金を払うべきだというもの。
以下、本文から引用します。

 この場合、雇用主は夫。結婚時、妻が専業主婦という職業を選択する場合は
婚姻届だけでなく、雇用主と被雇用者の間で、労働条件などの契約書を交わすのです。
役所の監督下、最初は1年くらいにしておいて、更新のために条件を見直す。
妻は給与分しっかり働き、夫は会社では被雇用者であるけれど、家では雇用主。
雇用主の気持ちも分かって、一石二鳥。
これは、雇用主が女で被雇用者が男でもいいのです。恋愛関係にある男女が、
婚姻届を出さずに主婦契約だけを結んだりする。これなら、分かれたい時にも
戸籍に傷はつかない。男同士、女同士でも契約はOK。経験を積んだ主婦業者は
立派な売れっ子「フリーの主婦」となるのです。

これ、なかなか面白い意見だと思うのですが。
どうでしょう?
妻としても「養われている」という気持ちではなくて、お金を貰って働いてると思ったら、掃除一つでもやる気が違うような気がします。
夫も「養ってやってる」という気持ちを持てないし、離婚率も下がったりして。
他の職業についても酒井さんのユニークな意見がちりばめられていて面白かったです。

2014/05/23 23:10

投稿元:ブクログ

「女の仕事」についての熱い思いを書いたエッセイ集。
スチュワーデス、OL、女子アナなどなど・・・。
(女特有の仕事ばかりではないけど)

第二章「女」という職業
「母親」の項は、思わず頷いてしまった・・・。

2011/11/09 23:35

投稿元:ブクログ

年代がドンピシャなんだよなぁ〜いちいち「その通り!」って思っちゃう。
今後もビシッと世間を切りまくって下さい!