サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バイバイ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/170p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-185305-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

バイバイ (角川文庫)

著者 鷺沢 萠 (著)

バイバイ (角川文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

バイバイ

389 (税込)

バイバイ

ポイント :3pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.4

評価内訳

2006/05/06 01:21

投稿元:ブクログ

私はその"やさしさ"を知っている。私はそれを"やさしい"と言う。("残酷"と"親切"を並べながら、それでも)

2006/01/24 11:03

投稿元:ブクログ

二股、三股をかけていた男とかけられていた女の話。表紙がきれいで手にとって読み始めた。鷺沢作品には大きく2通りあって、それは作品の内容も文章の力の入れ具合も老練していて、とてもとても30代の女性が書いたとは思えないようなものと、そうじゃないものに分けられる。
これはそうじゃないものに入るんだけど、この「バイバイ」は何ていうか、わざとに若い女性受けするような作品を書いているんじゃないかしらって思わせるような作品。「スタイリッシュ・キッズ」「大統領のクリスマス・ツリー」なんかもそうなんだけど。こんな作品も書けます、みたいなね。で、恋人の心が離れていくっていうのにこだわって書いているのが若い女性受けするだろうと思われるこの人の作品群の特徴なんだけど。
どうもそれがイマイチなんだよね。いつも離れていく過程を描くでもなく、離れた後を描くでもなく、一緒にいた二人が結局離れた、で終わるんだ。
わたしが見たいのはそこじゃない。

2006/02/08 17:28

投稿元:ブクログ

これもまた、恋愛が終わったときに読んだ本。
一人に決められない男。読んでる時、このヤロー!ハッキリしろよ!!なんて思ってたけど、年とって、今自分がそんな感じ。年取ると嫌でも慎重になっちゃうんだよね…。

2006/06/05 09:24

投稿元:ブクログ

人の顔色を窺いながら生きる主人公につい自分を重ね合わせてしまう本です。嘘を重ね、自分の本当の気持を失っていることにすら気づかない。現実を直視できます。

2007/04/13 15:27

投稿元:ブクログ

一番共感出来た登場人物が二股どころか実は三股をかけていた最低男の主人公だったんだが…。
男じゃなくて本当に良かった…女って怖いし面倒くさいと思ってしまった私は本当男ではなくて良かった…。まぁ、主人公が女でその逆もある気もするが。

2008/03/16 08:42

投稿元:ブクログ

朱美が目の前で泣いている。今までに見たこともないくらい激しい泣き方で、真っ赤に染まった小さな顔はまるで猿みたいだ。

2009/08/09 18:29

投稿元:ブクログ

辛い幼少時代を送ってきた勝利は、「人間なんて、信じるもんでねえぞ」という祖父の言葉を胸に、他人を決して信じず、同時に他人に嫌われることを極端に恐れている。付き合う女性に「バイバイ」と言えずに、勝利は現在三人の女性と交際している。

恋愛小説は本当に難しい。選び方を間違えると、ひどく心をえぐられる。今回もまさにそうだった。
これ以上書くと暴言を吐いてしまいそうなので、やめておきます。

2010/03/28 14:35

投稿元:ブクログ

鷺沢 萠 著   角川文庫

人を信じるということはそれほど難しいことなのだろうか。愛する人を信じて生きるということは、

それほど難しいことなのだろうか。この作品はそんなことを深く考えさせてくれる小説である。

主人公の男「勝利」は、祖父が言った「人間なんで、信じるもんでねえぞ。」という言葉が忘れられず、

それ故に人を心から信じることが出来ずに生きてきた。人に嫌われることを恐れ、相手を喜ばせることが

自分の居場所を確保する唯一の方法だと悟り、人の顔色を伺い、相手が求めることを瞬時に理解して、

求められたものを完璧に提供してきた。それが勝利にとっては生きる術であり、当たり前のことだった。

誰に対してもいい顔をしてしまう。誰からも好かれたい、嫌われたくないという気持ちが、言動判断基準に

なる。仕事だけに限った話ではない。女性関係も・・・。

と、小難しい言葉で説明してみるとそんな内容の話だが、ざっくばらんに説明すると、三股を掛けている

最低な男の話である。そんな最低な男の話のどこに深く考えさせられるところがあるのかというと、

そこは天才・鷺沢 萠である。単なる好いた惚れたの恋愛小説ではない。見事な人格描写と心理描写で、

登場人物たちの心の闇と光を引き出していくのだ。

この三股を掛けている勝利という男は、けして悪巧みをもって三股を掛けていたわけではない。根本的

には「嫌われたくない」という自己中心的な思想のもとに「誰にも優しく接している」うちに、そういう

関係になってしまったのだ。この手の優しさは世間では優しさとは呼ばないのだろうが、僕には共感でき

る部分があって、ちょっとばかり心が痛んだりする。『優しさだけじゃ、人は愛せないから』なんて、

ブルーハーツの歌じゃないけど、そうなんだよな、なんて思ったりもして、余計に心苦しくなる。

勝利という主人公の深層心理は僕の深層心理と共通する部分が多々あるのだ。

すべての糸が切れたり解けたりしたとき、三人の女性の行動が三者三様で興味深いのだが、これほどの

修羅場を越えた後での「人を信じる」という行動はかなり重たいものがあって、信じるという行為その

ものが純真ではなく呪縛に思えてならない。僕的には、人を信じるということはもっと明快で単純で

いいのではないだろうかと思う部分もある。

『愛する人を信じて生きる。それでいいじゃねぇか、人はよぉ』って、THE・茶番ってバンドが昔

歌ってたけど「それでいいじゃねぇか」って言葉に含まれる部分が大切なんだと思うわけで。

考えすぎたり、背負い込みすぎたりすると、だいたい碌な事がない。人生なんてそんなものだと思うわけ

です。

2009/11/24 20:31

投稿元:ブクログ

読後感最悪。本読んでこんなにムカついたの久しぶり。なんでこんな気持ちになるか理由はちゃんとわかってる。
この主人公「勝利」が私と似てるから。自分の裏側を見せつけられてるみたいだったから。
優しいふりして、その実身勝手でわがままで自分のことしか考えてない。他人に嫌われることを何より怖がる臆病者。自分が嫌われない為なら恋人にだって嘘ついて、傷つけても平気な顔してる。あー最低。
でも・・・、そこまでしなきゃならない、そうまでしなきゃいられない人間の寂しさ辛さ罪悪感に押しつぶされそうな気持ち・・・。そういうの突き付けられて苦しくて、それでムカついてたんだ。
鷺沢さんはこういう気持ちを知ってたのかな?自分も経験していたのかな?もし鷺沢さんの内側にもあった気持ちだとして、ここまでまっすぐ見つめて細部まで描き出すのは辛い作業だったと思う。だから・・・なんて勝手な想像だけどね。

2009/12/09 16:37

投稿元:ブクログ

バイバイと言えず、3股の主人公 勝利ー最低だが、人に好かれたい、だが、他人を信用できない、つまりは臆病者なんだと思う。ただ誰にもそういったところは少なからずあるので、★1つ

2010/04/26 21:53

投稿元:ブクログ

3股男、ショーリの物語。

はたから見て、ひどい男とされる彼だが
どうしてもそうは見れない。

相手の事を観察して、相手が求めている事を感じ
そのために全力を尽くさなければならなくなってしまった
そんな男は
多くの女に気に入られるだろう。
当たり前だ。
自分が求めていることをしてくれる人がいたら
その人といたいと思ってしまうのは。
人間の正直な気持ちだろう。

きっと、女たちは素晴らしく幸せな体験をしたことと思う。
人を信じるというのは確かに快楽かもしれない。
それを味わわせてもらったという事実だけで
幸せだと思うんだけどな。

そんなことは、一般常識では思われないんだろうけれど。
他に人の感想を見ていても
納得できない意見のほうが多数だし。

でも、私は
ショーリにはその後も
沢山の女と仲良くなって欲しい気がした。
朱実を不幸から引き上げたのはショーリだ。
きっと彼に出会っていなかったら
彼女は不幸を引きずり続けたことと思う。
その後、ショーリによってより傷ついたとも言えるけど
事実、彼女は一時は幸せを味わっている。

残念なのは、ラスト。
よくわかんない。
もっとすっきり終わらせればいいのに、と思ってしまった。

2010/10/17 09:55

投稿元:ブクログ

誰からも嫌われたくない一心で生きてきた勝利は、いつの間にか3人の女性と並行して付き合うようになっていた。崩れ始める関係の中で、少しずつ人を信じることを知っていく。
鷺沢萠さんは「ウェルカム・ホーム」という作品しか読んだことがなかったのですが、その作品がとても好きだったので、今回も期待して読みました。
期待通り、読みやすい文章、繊細な心理描写、魅力的な登場人物、そしてどこかほっとするような温かい空気がとても良かったです。
人を信じるのって実は難しいけど、疑い続けたまま生きるのも苦しいよね。

2011/06/19 16:34

投稿元:ブクログ

もうちょっと若かった頃のレビューから。

『鷺沢 萠の小説を読むのはこれがたぶん3冊目。
1冊読むごとに価値観がかなり根底のところから揺すぶられてるような気がして、だからなかなか手が伸びないんだけど・・・
この本の主人公の男は、ほんとに最悪で、女の敵と言うか、まーネタバレしちゃうのもあんまり良くないし具体的には言わないけど、最悪なことをやってるわけです。
で、普通だったら絶対そんなやつに感情移入できないはずなんだけど、そこがこの作者のいやらしいところで、こんな最悪なやつにも割と共感できちゃうような書き方をしてて、読み手としては、最悪な男に共感してる自分が嫌になっちゃうわけです。
他の人がどう読んだかは全然知らないけど、そんなこと思いながら読んでたらこの薄っぺらい小説も結構重たかったです。すぐに読みきれるんだけどね。かなり考えさせられました。』

2013/03/22 09:23

投稿元:ブクログ

主人公が自分とは真逆なので、そういう人の心情が細かく描かれていて面白かった。
人の内面を描くのがうまくて、先が読みたくてあっという間に読み終わりました。

2011/09/18 16:17

投稿元:ブクログ

サヨナラを言えない、この主人公キライ。でも、ここまで極端じゃなくても、男の人はこういう面がある気がする。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む