サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 愛は勝つ、もんか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛は勝つ、もんか(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-183508-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛は勝つ、もんか (角川文庫)

著者 姫野 カオルコ (著)

愛は勝つ、もんか (角川文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

愛は勝つ、もんか

497 (税込)

愛は勝つ、もんか

ポイント :4pt / 紙の本より17おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

愛は勝つもんか!

2001/01/21 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りく - この投稿者のレビュー一覧を見る

 姫野カオルコは独自の一貫した見解から、恋愛に関する疑問、矛盾を指摘する稀有な作家である。この本は、オリビアを聞きながら、の痛烈な批判から始まるが、これはなかなか共感できるのではないかと思う。誰もが、心の片隅に引っかかっていた、それは見当違いだろ、とツッコミを入れてやりたくなるような事象を細かく分析してくれる作家。それが、姫野カオルコなのである。
 恋愛や結婚について、めんどくさい固定観念はかなぐり捨てたくなる1冊。読んだら、けっこうストレス解消になるのでは。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/30 21:25

投稿元:ブクログ

オモロい!よう!毒舌。もてない女代表風な、開き直り加減がすっごい好感もてた。友達になりたい。ってか恋の相談したい。

2006/03/21 17:55

投稿元:ブクログ

おぃぃ!そこをツッコムかぁー!(爆)
なるほど!その手があったかー!(爆)
うむぅ、言われてみれば確かに…
の本です。

2007/01/21 19:46

投稿元:ブクログ

姫野さんの考え方が好き。

16歳で姫野エッセイに出会って、10年たった今でも共感しちゃう。
理論派で、でも乙女で。
宇宙人なんかいないって言いきっちゃうけど、星占いは信じてるみたいな。

2009/11/14 23:05

投稿元:ブクログ

 男と電話と歌にまつわるエッセイ。
 面白いよな、姫野カオルコ。今、エッセイの面白いのは、中村うさぎと姫野カオルコだと私は思ってるんだけど。
 にしても、彼女の「プリティウーマン」への嫌悪は根深い。って、むしろ私も同じように、くだらねぇ映画って思ってるので、毎度その通りと拍手してしまうんだけどね。…あの映画がヒットした理由は、ギアの身長の低さゆえだと私は思う。てか、そう思わないと納得がいかん(自爆)

2010/06/10 10:19

投稿元:ブクログ

「ほんとにもう女ってやつは非論理的で感情的で「好き・嫌いのモノサシ」でものごとを判断するからたまらない。
 と、男性は言う。
 だからその後期待にお応えしようと思う。」

2011/09/14 20:02

投稿元:ブクログ

 発表順にいえば「禁欲のススメ」と「初体験物語」の間に発行された1994年のエッセイ。

 小説っぽいのがうざかったのでエッセイにしたが、やはり底が見えた感じがして新鮮さがまったくなくなっていた。続けて読んだからだろう。

 書き手は現実に近い虚構をエッセイで語る。読み手は現実でもの

2014/06/09 22:56

投稿元:ブクログ

この作家は初読。名前からどうせバブリーバリバリだろうというイメージで読み始めたら、あら不思議、人生幸朗のボヤキ漫才かよという歌詞にツッコミ、マンガにツッコミ、映画にツッコミ。どう読んでもバブリーなモテる女性の文章と違う。途中で判明してくるんだけど、中2から同じシャツを着ている、非モテ系の女性だった。
ボヤキやツッコミということで、女宮沢章夫という感じかというと、入りはそんな感じだけど、落ちるところは宮沢章夫ほどとんでもないところに落ちないので、ダイナミックな笑いは呼ぶわけではない。でもなんだか納得してしまうのである。
この手の軽い感じのエッセイは、ブログなどのネット世代と非常に親和性は高いのではないかと思う。ただ、作家はプロなりの語彙力と展開をわきまえており、凡百のネット時代の作家よりも「読ませる」文であることは間違いない。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む