サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青のフェルマータ(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 90件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747149-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

青のフェルマータ (集英社文庫)

著者 村山 由佳 (著)

青のフェルマータ (集英社文庫)

494(税込)

青のフェルマータ

432 (税込)

青のフェルマータ

ポイント :4pt / 紙の本より62おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー90件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

透明感と浸透性

2004/03/30 15:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KAZU - この投稿者のレビュー一覧を見る

村山由佳さんの作品に出会うきっかけとなった本書。現在僕はオーストラリアに移住し、趣味でオーストラリアに関係する書籍のコレクターをやっている。それらの書評は自分のHP、(http://www.geocities.co.jp/Technopolis/2941)に掲載しているが、本書はフィクション系のオーストラリア関連書籍の中で群を抜いて輝いている。

本書を読むと、オーストラリアの海とそこで繰り広げられる人間の心のふるえを肌で感じることができる。文章が透明感を持ち、そして心に染み入る浸透性が高い。村山由佳さんの心がそのまま僕の心に共振して、深い感動を得るのである。

本書を読んだあと、「きみのためにできること」、「野生の風」、「天使の卵」、そして「おいしいコーヒーの入れ方I〜V」を読んだ。現在「翼」を読書中である。村山由佳さんと同年代の僕だからこそ理解できる内容も多いと感じているのだが、もう引き返せないところまで来てしまった。村山ファンというよりは、村山フリークとなってしまった感があるが、これからも作品を通して僕の心をピュアーな状態に戻して生きたいと思っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ピュアな愛の物語

2002/02/04 10:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:楓  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 両親の離婚が原因で言葉を失った里緒は、治療に効果的だというイルカとの交流を求めてオーストラリアにやってきた。里緒は研究所でイルカの世話を手伝いながら暮らしている。島にすむ老チェリストJBは、彼女のチェロの才能を見出し「フェルマータ(音楽記号で任意の長さで奏唱することを示す)・イン・ブルー」という曲を贈る。彼女はそんなJBに恩師への思慕以上の感情を抱くが、彼女の将来を憂えるJBは里緒の想いを受け入れることができない。しかし本当はJBも…。
 心に傷をもった島の人々、そして野性のイルカとの交流を通して、里緒はじょじょに癒されてゆく。心の傷を隠しひたむきに生きる者、またそれを隠すあまりに屈折した感情表現をしてしまうもの…。人間味溢れる登場人物たちの魂のふれあいを描いた、ピュアな愛の物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一つの世界を作っている

2002/06/10 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:某亜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イルカブームに便乗したものかと思い最初は抵抗があったのですが、勧められて読んでみて正解でした。俗世間とは隔離された場所で広がる一つの世界が何とも魅力的です。そのために、その世界に紛れ込む「テレビ番組作成者」の姿が異様に下賤なものに見えてしまいます。澄みきった世界を引き立てるため要素としては非常によく機能しているのですが。

 村上の作品には必ず登場する、「過去に傷を負った人々」はやはりここにも出てきます。彼女の作品で好感が持てるのは、必ずしもその傷を克服することを目的としていないことです。最終的に克服されることはあっても、押しつけがましい説教物語になることは絶対にありません。登場人物の動きを魅力的にする一つのテクニックなのでしょう。

 とても読みやすく、読後感も良いのでお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジーンときます

2002/02/05 22:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Alice - この投稿者のレビュー一覧を見る

 村山由佳さんの作品を読むと、毎回のことながら、心が透明になってゆく気がします。それにしても今回の作品はなんでこんなにも切ないんだろう…途中、涙を誘うシーンがあります! 電車の中で読むかたは要注意です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/28 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/11 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/17 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/17 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/20 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/02 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/29 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/11 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/30 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る