サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私のギリシャ神話
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-14-080490-4
  • 国内送料無料

紙の本

私のギリシャ神話

著者 阿刀田 高 (著)

ゼウス、アプロディテ、オリオンなど、人間くさくドラマティックなギリシャ神話の主人公18人の姿を軽妙なタッチで綴る。『NHK人間講座』のテキストをもとに、大幅に加筆したもの...

もっと見る

私のギリシャ神話

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ゼウス、アプロディテ、オリオンなど、人間くさくドラマティックなギリシャ神話の主人公18人の姿を軽妙なタッチで綴る。『NHK人間講座』のテキストをもとに、大幅に加筆したもの。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

阿刀田 高

略歴
〈阿刀田高〉1935年生まれ。早稲田大学文学部卒業。国立国会図書館に司書として勤務ののち、78年「冷蔵庫より愛をこめて」で作家デビュー。著書に「ナポレオン狂」「メトロポリタン」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/09/22 19:07

投稿元:ブクログ

小説家の書いた神話の本ということで
読みやすいかな?と思い手に取りました。
有名なエピソードをざっくりと紹介してある本です。

親しみやすい表現で
神話にツッコミを入れつつ書かれているのが面白い!

冒頭に出てくる天地創造についての一文
『―ああ、そうですか。だれが見て来たんですか―』
には笑わせて頂きました。

挿絵のかわりに載せられている
神話の世界を扱った美術作品の写真がとても綺麗で
いい仕事してるなぁ‥と唸らせられました。

2010/09/07 13:25

投稿元:ブクログ

【図書館】

簡単に分かりやすくギリシア神話の人物たちについて書かれた本
読みやすいし簡単で面白いのでとっかかりとしてはいいかも

2011/08/17 12:05

投稿元:ブクログ

最近ギリシャ芸術に目覚めたので(笑)、早速バックボーンの神話を読んでみた。阿刀田高さんのエッセイは難し過ぎず軽過ぎず読んでて飽きないし格好の入門書であった。本格的なギリシャ神話集など手を出していたらすらすら読み進めることも出来なかっただろう。
(続きはブログで)http://syousanokioku.at.webry.info/201108/article_6.html

2013/08/03 10:44

投稿元:ブクログ

絵画を観ていくにあたってギリシャ神話をモチーフにした作品がたくさんあるので、多少は知っとかないとだなーと思って読みました。
フランクに書いてあるおかげで理解しやすいです。

2012/02/20 00:48

投稿元:ブクログ

ギリシャの神々人間臭い。プロメテウスが1番に紹介されていた。朝日新聞のコラム「プロメテウスの罠」の命名はなるほど!と思う。

2017/03/03 21:18

投稿元:ブクログ

ギリシア神話は面白くて好きなんだけど、何せ登場する神々や人物が多すぎて、時々誰が誰だったかわからなくなってしまうことがあるため、この本も出版された頃に買ったものの、十数年以上本棚の飾りと化していた…。本の整理をするにあたり、ふと手に取ってページをめくっていたら、今回はすらすら読めて、どんどん引き込まれていった。こういうことがあるから、昔買ってそのままになってしまった本もなかなか処分できないんだよね…。
とにかく、この本は、著者が「こむつかしい勉強よりギリシア神話がどんなにおもしろいか、そこに絞ってお話を進めたい」とお書きになっている、まったくそのとおりの本で、その目的を十二分に達していると思う。我流の解釈も、押し付けがましくなく、かと言って控えめすぎないしちょうどよく、自分自身の解釈と比べながら楽しく読める。このバランス感覚は、著者が本当にギリシア神話を楽しんでいるからこそなのだと思う。これから当分、私もギリシア神話にはまりそうかも。

世界の神話・伝説・民話 ランキング

世界の神話・伝説・民話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む