サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ロボットにつけるクスリ 誤解だらけのコンピュータサイエンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロボットにつけるクスリ 誤解だらけのコンピュータサイエンス
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: アスキー
  • サイズ:19cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7561-3312-6
  • 国内送料無料

紙の本

ロボットにつけるクスリ 誤解だらけのコンピュータサイエンス

著者 星野 力 (著)

人工知能コンピュータを作るのは何故難しい? SFを題材にとり、教授と教え子の会話形式で、コンピュータサイエンスの現状をわかりやすく紹介。『月刊アスキー』連載に加筆し単行本...

もっと見る

ロボットにつけるクスリ 誤解だらけのコンピュータサイエンス

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人工知能コンピュータを作るのは何故難しい? SFを題材にとり、教授と教え子の会話形式で、コンピュータサイエンスの現状をわかりやすく紹介。『月刊アスキー』連載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

星野 力

略歴
〈星野力〉1938年生まれ。京都大学大学院工学研究科博士課程修了。現在、筑波大学機械工学系教授。システム科学、コンピュータ科学専攻。著書に「進化論は計算しないとわからない」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/4/1

2000/10/26 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経バイト - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「2001年宇宙の旅」のHAL−9000や,「ブレードランナー」のレプリカント…。SFに出てくるロボットやコンピュータはあんなに優れているのに,今のコンピュータはとてもそこまでできそうもない。こういったSFをきっかけに,AIやニューラル・ネットワーク,人工生命など,コンピュータ・サイエンスの現状について解説している。研究室の教授(著者自身)と,研究室出身の若手技術者の対話という形式を採っていて,非常に読みやすい。コンピュータ・サイエンスの現状を把握するには最適。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/05 23:03

投稿元:ブクログ

もう絶版なのでしょうか。この手の本はたくさんあるはずなので新しい本で同様の内容を知ることができると思いますが,AIやロボットがどんな問題を抱えているかを知るには非常に有効な本だと思います(少し説明が分かりにくいところもありますが)。フレーム問題とか記号着地とか,人間がそういった問題に悩むことなく行動している(ように見える)その仕組みが分からないからこそ,これらの問題は解決していないのでしょう。筆者は,基礎と応用に分かれ過ぎていることを嘆いておられますが,フレーム問題等に関して言えば,認識についての基礎的研究(もちろんロボット等に実装し得る理論の研究)でありながら,それは人工知能にとってのブレイクスルーにつながる可能性を秘めているということも言える気がします。我々の認識の根本問題とするならば,心理学サイドでも無視すべきではない問題なのだと思います。

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む