サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

死者と影(ハヤカワ・ポケット・ミステリ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
新書

紙の本

死者と影 (Hayakawa pocket mystery books)

著者 ポーラ・ゴズリング (著),山本 俊子 (訳)

ブラックウォーター・ベイ郊外の暗い森に、正体不明の殺人鬼が跋扈しているのか? 理学療法士のローラは犠牲となった友人のために真相を探るべく現場付近の病院へ…。【「TRC M...

もっと見る

死者と影 (Hayakawa pocket mystery books)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブラックウォーター・ベイ郊外の暗い森に、正体不明の殺人鬼が跋扈しているのか? 理学療法士のローラは犠牲となった友人のために真相を探るべく現場付近の病院へ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポーラ・ゴズリング

略歴
〈ゴズリング〉1939年デトロイト生まれ。ウェイン州立大学卒業。デビュー作「逃げるアヒル」でCWA賞の最優秀処女長篇賞、「モンキー・パズル」で同ゴールド・ダガー賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

森は知っている

2002/03/31 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公は、理学療法士ローラ。物語は、ローラが叔父の経営するブラック・ウォーターベイ郊外の森に立つマウントビュー病院へやってくるところから始まる。表向きは、叔父の誘いで病院職員としてやってきたローラ。しかし、彼女の真の目的は、別にあった。1ヶ月ほど前、ローラの友達の理学療法士ジュリー・ザリンスキーが、病院の近くの森の中で惨殺されたのだ。殺されたジュリーをこの病院に紹介したのは、他でもないローラ、彼女であった。そのことで責任を感じ、またジュリーの手紙から不穏なものを感じたローラは、その死の真相を探ろうとする。しかし、病院内部には複雑な人間観系が渦巻いていた。一方、ブラック・ウォーターベイの町は、森を徘徊する怪人、シャドーマンのうわさで持ちきりだった…。事件は病院内部の者の犯行なのか、それとも伝説の怪人シャドーマンの手によるものか…。

 本書はミステリー小説であると同時に、優れたサスペンス小説でもあると思う。後半はとくに、その展開にハラハラドキドキしてしまった。また、病院にやってきたローラの周辺には、魅力的な医師デイビット、精力的に働くオウエン、もと刑事、今は問題児の入院患者トム・ギリアムと、タイプの異なる男性があらわれ、ミステリーを楽しむ一方、ローラの恋の行く先にもドキドキできた。もちろん犯人がが誰なのかが気になる。しかしわたしとしては、今作はむしろ、ローラの恋の行く末が気になって、最後まで一気に読んでしまった。

 暗い森の中の殺人という陰鬱なイメージのある本書のなかで、読んでいてほっとさせてくれたのが、主人公ローラの飼っている人並み(猫並み?)はずれて大きな猫、ソロモンの存在。ローラとソロモンの温かい関係に、サスペンスに緊張した心がほっとできる気がした。そのおかげで、伝説の怪人、暗い森…という沈んだイメージとは裏腹に、時としてユーモアさえ感じることが出来た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/04 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む