サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. いさましいちびのトースター火星へ行く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いさましいちびのトースター火星へ行く(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011297-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

いさましいちびのトースター火星へ行く (ハヤカワ文庫 SF)

著者 トーマス・M.ディッシュ (著),浅倉 久志 (訳)

いさましいちびのトースター火星へ行く (ハヤカワ文庫 SF)

583(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

痛快な続編

2001/10/01 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫山 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ディズニーでアニメ化もされた前作の続編。ご主人様をたずねて電化製品を旅するという第1作からスケールアップ。いきなり火星に飛び立つというSF作家らしい内容で、最後まで楽しませてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/03 23:19

投稿元:ブクログ

前作が好みだったので続編も購入。……なんだけど、……んー、ちょっと前作に比べるといまいちかな。
前作で田舎の別荘から都会に出るだけで大冒険だったトースター達が、いきなり火星へ行くというスケールの違いに面食らってしまった。しかも前作ほど電気器具達に個性がなくて、トースターばかりが目立っている印象。また、政治的風刺が交じっているあたりも個人的にちょっとひっかかったかな。
悪くはないのだが、期待していた方向性とは違っていた。まあ続編ではありがちなことなんだけど。でも前作同様、訳は読みやすいし長崎訓子さんによる挿絵も可愛い。メルヘンよりもSF色が濃くなっているので、そういうのが好きな人にはこちらの方がいいかもしれない。

2006/07/22 17:38

投稿元:ブクログ

というわけで(いさましいちびのトースター)、これも買ってしまった。けど、こっちはあんまりな。あまりにも無理がありすぎる(当たり前)。

2007/08/16 16:58

投稿元:ブクログ

前作からいきなり火星に行くという…ちょっとムリがあるような気がしましたが、やっぱりハラハラドキドキ。今の地球を救えるのも、ちびのトースターなのかもしれません

2014/02/17 12:20

投稿元:ブクログ

火星での陰謀をくいとめるべく旅立つ家電たち。ただし彼らの持ち主の「奥様」が旅行から帰るまでの間に。

細かいところにつっこみを入れず、トイストーリーな家電たちのやりとりを楽しむべし。
ああ、アメリカ、って展開にもにやり。
文庫じゃないので読んだんだけど、挿画が吾妻ひでお。思ったよりふつうの絵だったのでほっとしたよ。まあ、トースターだし…。

2010/10/24 02:09

投稿元:ブクログ

家電製品の勇気の出る冒険譚。

今回はやや前作と比べSF色を強め、火星の電気器具軍団と対戦。
童話の形態を取っているが、「子供のために買って、あなた自身が読め」という書評どおり。
なかなか、現在の社会を風刺しているぞ。

2012/04/22 12:44

投稿元:ブクログ

火星に行く方法はもちろんトンデモ

天使はいまいち可愛くない、やはりトースターが群を抜く

アメリカ人が書きそうな話だと思った
・言わずもがなフロンティア探求
・民主主義万歳
・我々のヒーロー万歳
・軍拡する国はダメー
・ポップな文化
・タフな家電をアピール

2016/05/30 08:07

投稿元:ブクログ

童話でもあるSF社会風刺小説
お勝手にある電気器具達の宇宙冒険物語で
アインシュタインが発明した冷蔵庫と補聴器が登場して
相対性理論だのと難しそうな言葉も出てくるけれど
奇想天外で面白い童話です

多分ディズニーのトイ・ストーリーは
これにヒントを得たのではないかな?という感じのお話

1980年に描かれた前作の
「いさましいちびのトースター」もあり
それの続編

2013/10/31 21:13

投稿元:ブクログ

あのトースターたちが帰ってきた!前作よりもSF色が濃くなって、トースターたちが地球を救うため火星へ旅立つ。オチは読めたけど、天使の健気さにホロリ。アニメがあるみたいなので見てみたいな。2011/596

2016/03/01 21:53

投稿元:ブクログ

アメリカのSF作家が、子ども向けに書いたSF童話。…ですが、大人が読んでも面白い。科学や家電好きな皆さんにもおすすめしたい!電気器具たちが大活躍するお話なのです。
チビだけど勇敢なトースター、シャイな電気毛布、お茶目なラジオ(AM専用)、電卓、電子レンジ、天井扇風機などの電気器具たちが、アインシュタインが手作りしたという補聴器(試作品です!)に話しかけたことから始まる、奇想天外な物語。
補聴器の助けを借りて、地球を飛び出し火星へと向った電気器具たちを待ちうけるは、おびただしい数の家電軍隊。人間と電気器具の平和を守るため、トースターたちはいかに戦うのか…!意外な方向へと進んでいく彼らの物語をどうぞお楽しみください。
さて、実はこの本には『いさましいちびのトースター』という前作があります。前作を読まずとも楽しめますが、合わせて読めば、より彼らに愛着がわくこと、間違いなしです。(T.Y)

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む