サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の公安警察(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/262p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-149488-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

日本の公安警察 (講談社現代新書)

著者 青木 理 (著)

日本の公安警察 (講談社現代新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2005/10/26 22:57

投稿元:ブクログ

「公安」についてお手軽に概観したいと思って家人に相談したら薦められた本(私が読んだのは古い版)。数年前の情報なので多少古いのは否めないものの、実はいろいろある「公安」と名のつく組織の違いとか、現実の活動の一端など、興味はあったけど初心者という私のような読者にはとってもおすすめ。

2012/04/07 19:10

投稿元:ブクログ

digの金曜パーソナリティに青木氏が登場とのことで読んでみた。
しかし、要旨がボヤけてイマイチでした。状況説明?

2009/06/14 19:23

投稿元:ブクログ

オウム殲滅の時に公安が本気になった時の捜査は凄かったようだ。
公安なんて我々には関係ないと思っているがひょっとするとそこらへんにいるのかもしれない。

2010/06/28 19:44

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
オウム・革マル派との“隠された戦い”とは?
監視・尾行・盗聴・スパイ養成の実践法は?
誰にも書けなかった“治安活動”の真実。

[ 目次 ]
1章 厚いベールの内側
2章 特高から公安へ
3章 監視・尾行から工作まで
4章 公安秘密部隊
5章 戦後の公安事件簿
6章 オウム・革マル派との“戦い”
7章 警察の外にある「公安」
8章 監視社会と公安警察

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/01/23 20:59

投稿元:ブクログ

警視庁記者クラブでの記者経験のある時事通信社社員が、公安警察の活動実態をレポートした本。青木によれば、公安の運営は、警察庁警備局を頂点と司令塔とする完全中央集権型の組織で、道府県警察本部長ですら、その活動実態や予算はアンタッチャブルなのだという。その他、公安調査庁、内閣官房内閣情報調査室に関する記述有。

2011/10/26 10:48

投稿元:ブクログ

 警察には刑事と公安という全く別の分野がある。国民の安全のために犯罪を取り締まるという点では共通するが、その組織、活動の実態はかなり異なる。刑事警察は何か犯罪事件が発覚したときに、捜査にあたって証拠を集め、被疑者を取り調べ、検察に引き渡す役目。報道に多く登場したり小説・ドラマになるなど華やかな分野だ。一方公安警察は、犯罪が発覚する前から常時各種団体について情報収集に努め、陰謀段階で摘発したり、デモ行進を警戒監視したりする。要するに治安警察だ。任務の性質上、あまり表に出てこないので活動の詳細は不明であり、不祥事も隠蔽されるという。警察の暗部といわれる所以である。
 体系的に書かれているようだが、文章はやや読みにくく少し消化不良。

2014/08/02 15:18

投稿元:ブクログ

タイトル通り、日本の公安警察について書かれた本。
刊行されてから15年以上経つが、後半部分で言及されている「監視社会」への道はより一層進んでいると感じる。
また公安調査庁が自身の存在意義を見出すために、活動していたが「警視庁公安部「イスラム捜査」流出資料」の事件につながっていったのだなと現代にも通じる問題の端緒を知ることができる。
全体的に情報を端的にまとめたという印象である。
また、思想犯・政治犯を国家の安定維持のために探し出すという公安警察の性質からすると、東西冷戦が崩壊し、それまでのイデオロギーの対立が無くなっていくなかで、政治的思想と国家が必ずしも結び付かなくなった。
同時に、グローバル化が進展してきた現在、旧来の公安警察の活動がどの程度有効なのだろうかと疑問に思う。

2012/04/28 23:46

投稿元:ブクログ

 社会不安を生じさせる、或いは社会の安全を脅かす団体や活動を事前に防ぐには時には非合法な手段、強引な方法を取らざるを得ない。当然、そのための活動実体を公にすることも出来ない。いわば社会の白血球のごとき存在である。その全貌は明らかではないが、できる限りでその部分を知ることが出来る。

2013/05/06 21:20

投稿元:ブクログ

公安警察について淡々と説明している内容だが、結構驚きの連続。
刑事警察と公安警察の違い、というか二つの組織が全く異なるものであることがよくわかる。

2014/11/16 23:25

投稿元:ブクログ

タイトル通りの本。
執筆時期がだいぶ前なので、書かれている内容は少し古い。
彼ら公安の概略を知るには十分な内容である。

作者後書きにもあるけれど、
本当に巨像の背中を撫でただけにすぎないのだろう。

2016/01/10 04:12

投稿元:ブクログ

敗戦後一度は牙を抜かれたものが瞬く間に復活して、70年前以上の権力と情報を握っている。監視もされず歯止めもない。この国を支配しているものは「空気」だと思っていたのだが、それらは空気でさえも自在に扱えるようだ。いずれはこのような本を読んでいたということもデータとして蓄積されるのだろう。もしかしたらすでにされているのかもしれない。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む