サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 金融・通貨の通販
  5. ダイヤモンド社の通販
  6. 株式市場間戦争 ナスダックの世界戦略と日本の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

株式市場間戦争 ナスダックの世界戦略と日本
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/232p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-60028-7

紙の本

株式市場間戦争 ナスダックの世界戦略と日本

著者 大崎 貞和 (著)

東証マザーズ、ナスダック・ジャパン、店頭市場による三つ巴の熱い戦いが始まった。日・米・欧株式市場の制度的側面を比較しながら、日本の株式市場の将来を予測する。【「TRC M...

もっと見る

株式市場間戦争 ナスダックの世界戦略と日本

2,160(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東証マザーズ、ナスダック・ジャパン、店頭市場による三つ巴の熱い戦いが始まった。日・米・欧株式市場の制度的側面を比較しながら、日本の株式市場の将来を予測する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

大崎 貞和

略歴
〈大崎貞和〉1963年生まれ。エディンバラ大学ヨーロッパ研究所修士課程修了。現在、野村総合研究所資本市場研究部資本市場研究室室長。著書に「インターネット証券取引の真実」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2000/2/14

2000/10/26 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経ビジネス - この投稿者のレビュー一覧を見る

バブル崩壊後、これほど株式取引が世間に注目されたことはなかった。
 証券取引手数料自由化(1999年10月)と割安な手数料で利用できるインターネット株式取引の拡大、東京証券取引所による新興企業向け新市場、マザーズの新設と取引開始(同12月)、ナスダック・ジャパン設立構想(2000年6月に取引開始目標)──。お役所製の取引所が証券取引を独占する時代は終わり、取引所(市場)同士が使い勝手や取引対象銘柄の魅力を競い合う時代が到来しようとしている。矢継ぎ早に見えた変革の動きの背景と今後の日本の証券市場の見通しを、欧米の市場の歴史や日本の市場改革の動きから明快に解説している。
 新規参入者の登場は確かに、競争を生む。とはいえ、最近登場した新たな市場が、目先の顧客、つまり株式公開を目指すベンチャー企業にばかり気を使い、最終顧客である投資家の利益を守るという視点が忘れられがちになっているという著者の指摘を忘れてはならない。今後株式公開を考えているベンチャー企業経営者だけでなく、投資家を味方につけたい上場企業の経営者も必読の書だ。巻頭に用語解説があり初心者にもわかりやすい構成だ。
Copyright (c)1998-2000 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む