サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 日本人への遺書

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本人への遺書
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:20cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-861124-6
  • 国内送料無料

紙の本

日本人への遺書

著者 天本 英世 (著)

かつて私が好きであったこの国とこの国の人たちへ捧ぐ。齢を重ねるにつれて「非国民」となった俳優・天本英世が、これまで歩んできた道筋や俳優としての人生、生きるということなどに...

もっと見る

日本人への遺書

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて私が好きであったこの国とこの国の人たちへ捧ぐ。齢を重ねるにつれて「非国民」となった俳優・天本英世が、これまで歩んできた道筋や俳優としての人生、生きるということなどについて綴った魂のメッセージ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

天本 英世

略歴
〈天本英世〉1926年北九州市生まれ。東京大学法学部中退。俳優。著書に「スペイン回想」「天本君、吠える!」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本も遺書かかなあかんかなー

2003/05/08 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.エム - この投稿者のレビュー一覧を見る

♪仮面ライダ、仮面ライダ、ライダーライダー♪、あの懐かしい仮面ライダーの敵役だった死神博士を演じていた天本英世氏、今年3月23日に逝去されました。私は10年ほど前、六本木の交差点でタクシーを待っている彼を見かけて「背が高いなー」と思ったりしたものです。彼がスペインをこよなく愛していたなんて…。かつて住友商事に個性的なムッシュー(海部元総理の友人)なる人物がいて、彼もスペインを第二の故郷と称していたそうです(佐高信著の逆命利君)。欲しがりません、勝つまでは精神で目の前しか見ず、一直線に上り詰めた高度経済成長期にあった日本において、異議を申し立てていたマイノリティーという点で二人は同志だったのだろうか。バブルがはじけ、デフレ経済におちいっている今の日本が復活するには、この二人に学ぶ必要がありそうです。さもなくば、日本も遺書をかかなあかんようになってしまう…。天本英世、安らかに眠れ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/28 16:41

投稿元:ブクログ

 死神博士の怪演で知られる天本英世氏の警世の書。ご自身の体験に基づく反天皇、反宗教を舌鋒鋭く描く。しかしながら氏が嫌ったのは周囲に阿る、偽りの天皇制礼賛、抑圧の原因となる宗教であって、真剣にそれを生きる者には一定の理解と共感を示しているように思う。
 氏は私がかつて一時的に暮らしたことのある北九州市若松区の出身である。在住中にもマントを羽織り、商店街を闊歩しておられたと当時よく聞いたものである。

 氏はカトリックを批判したが、ご自身はカトリックであった。葬儀は若松教会(わたしが通っていた頃は白山教会といっていたと思うが)で行われた。あの世で氏に会えることを楽しみにすると同時に、決して世に阿らない生き方をしたいと思う。