サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 完訳フロイス日本史 1 織田信長篇 1 将軍義輝の最期および自由都市堺

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

完訳フロイス日本史 1 織田信長篇 1 将軍義輝の最期および自由都市堺(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-203578-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

完訳フロイス日本史 1 織田信長篇 1 将軍義輝の最期および自由都市堺 (中公文庫)

著者 ルイス・フロイス (著),松田 毅一 (訳),川崎 桃太 (訳)

完訳フロイス日本史 1 織田信長篇 1 将軍義輝の最期および自由都市堺 (中公文庫)

1,234(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

戦国期に来日したヨーロッパ宣教師の記録。

2015/08/29 07:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TAIKOMOCHI18 - この投稿者のレビュー一覧を見る

布教活動を通じて交流した様々な階層の人々とのやりとりが生き生きと描かれている。当時の日本の建造物、宗教、風習なども深い関心を持って詳細に記録されており大変おもしろい。当時の日本人とは違う世界観を持つ人の記録だけに、大変貴重だと思う。こうした貴重な文献が完訳され、手に取りやすい文庫本になったことはうれしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史が好きなら読んでおきたい一冊

2016/06/17 10:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

400年以上前にポルトガル語で書かれた本の翻訳というだけで、いかに貴重な本かがわかります。本を読みなれない人には読むにくいかもしれませんが、歴史に興味のある方なら読んでおきたい一冊です。ルイス・フロイスの主観がおもいっきり出ているのがおもしろく、現代でこのような本が出版されることは、なかなかないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/05 17:12

投稿元:ブクログ

織田信長篇?、と銘打たれておりますが、信長はほとんど出てまいりません・・・各地での布教活動の苦労話が大半を占めております。あっ?!カバーの裏に<信長前史を活写する>って書いてある・・・全史ではないのね・・・

2013/05/09 01:03

投稿元:ブクログ

16世紀に日本に渡って来た宣教師のルポルタージュともいうべき一冊。

平戸から山口、そして京へと苦難の道中が綴られている。
当時の日本人にとって、ポルトガル人は非常に奇異(お互い様だが)に映った様子が細かく書かれており、石を投げられたり追いはぎにあったりと、苦労が多い。
当時の一般的な日本人の世界観にヨーロッパというのはない。
それは本書にも記述されているように、シャムから来た南蛮人として認識されていたようだ。
西は天竺、南はシャムが世界の果てであり、北は蝦夷あたりが当時の日本人の世界を観たときの風景である。

フロイスたちは、「ダイウス」を信奉することを説いた。
このダイウスというのが紛らわしく、大日如来と勘違いされたことが明記されている。偶然の一致による不幸としか言いようが無い。

ただ、この「ダイウス」も今の我々からみると違和感を感じる。
フロイスの書簡には、ほとんど「キリスト」の文字が見えない。
ダイウス教と言ってもいいほど、連呼している。
当時のキリスト教(イエズス会)は、ダイウスに関する教義のみを唱えていたのだろうか?


また、フロイスが畿内に滞在中、奈良の大仏が焼ける事件が起きる。
これは三好三人集と松永久秀との争いによる兵火といわれていたのであるが、本書によると、勇敢なる(?)キリスト教徒が兵の中にまじっていて、偶像崇拝を嫌いこれを焼いたという。

日本側の記述と大きく異なるあたりが、興味深い点ではある。

将軍義輝暗殺、大仏炎上を当時のルポルタージュとして読めるのは、本書だけであろう。
この時代が好きな方にはお勧めしたい一冊です。

2013/03/15 01:58

投稿元:ブクログ

約30年に渡って日本に滞在したルイス=フロイスの日本滞在記。日本史って言っているけど、滞在記もしくは布教記的なテイストが強いと感じた。しかし、一次資料的な感じで当時の寺社、将軍、戦国大名、街の様子も記録しているので戦国時代の様子がわかりやすいシリーズとなっている。第一巻では将軍義輝からお墨付きもらうけど、松永久秀に義輝殺されるからあわわって感じから堺に至るまでを描く。迫害者や弾圧者を「悪魔」ときっぱり書いてしまうあたりがクリスチャンやなぁと思った。

2016/07/21 02:53

投稿元:ブクログ

リアルタイムの外国知識人による日本の歴史は、ほんとに貴重だと思わされます。キリスト教の普及は、壮絶だったということもよく分かりますが、それだけでなく、当時の日本の街の様子とかもとってもリアル。続刊では信長とか秀吉とか出てくるだろうから楽しみ。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む