サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うそをつく女
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 草思社
  • サイズ:20cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7942-0941-X
  • 国内送料無料

紙の本

うそをつく女

著者 ソフィー・マルソー (著),金子 ゆき子 (訳)

孤独な少女時代、アルコールと男に溺れた日々、そして映画監督との出会いと出産…。フランスを代表する女優が、これまで明らかにしてこなかった半生を赤裸々に綴った初の自伝的小説。...

もっと見る

うそをつく女

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

孤独な少女時代、アルコールと男に溺れた日々、そして映画監督との出会いと出産…。フランスを代表する女優が、これまで明らかにしてこなかった半生を赤裸々に綴った初の自伝的小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ソフィー・マルソー

略歴
〈マルソー〉1966年パリ生まれ。女優。「ラ・ブーム」で映画デビューし、世界的な人気を得る。他に「アンナ・カレーニナ」「ブレイブ・ハート」などの作品に出演。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

本当はうそがつけない、ひたむきな女

2001/06/14 17:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:前野りりえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フランスの人気女優、ソフィー・マルソーが自伝的小説を書いた。いわゆる男優や監督がいっぱい登場する華やかな恋の遍歴を語った告白本と思いきや、ちょっと違った。
 市井の人々を含め人物は多数登場するのだが、その名が語られることはほとんどない。三人称の人々との関わりのなかでソフィーの心情だけがクローズアップされる。パリに生きる一人の女性の孤独な心のうちが素直に吐露され、女優にありがちな自己愛やうぬぼれとは無縁だ。

 無防備で無軌道な少女時代、友人たちや、ときには大人の男たちとつき合いながらもソフィーは孤独で醒めていた。働きものの労働者の家庭に育った金持ち嫌いの少女は早熟で、空想好き。独立心が強く、学校で学ぶよりもパリに生きる人々との交わりが好きだった。自堕落な生活も不倫も経験したけど、やがて真実の恋に目覚めてゆく。それは多分映画監督のアンジェイ・ズラウスキーとの恋のことだろう。

 けれど男と暮らしても、かわいい息子がいても彼女の孤独は終わらない。自分を見つめ、死を見つめる人間は誰しも孤独だ。本の中で彼女はよく一人で散歩している。その孤独な姿こそ彼女の生き方そのものだと思う。

 一人の女性としての実像とスクリーンの中の虚像。女優という仕事はつねにうそをつくのが宿命で、本作の題名はそこからとられているのかもしれない。だがむしろ彼女の率直さこそがこの本からにじみ出ている柱となる部分だろう。行間から、うそをつこうとしてもうそがつけない正直な女性が立ち現れてくるのだ。そのあけっぴろげで飾らない人柄が彼女を人気女優にしているのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/17 20:36

投稿元:ブクログ

自伝的小説。
彼女の目で世界をみてるような気分になった。
表現が豊かだし文才があってうらやましい。
おしゃれ~なフランスっぽい雰囲気もかんじられる

2014/05/21 23:11

投稿元:ブクログ

 言ってみれば、古いモノクロのフランス映画を、字幕で観ているような感じ。しかも、哲学めいた単語のキャッチボールが延々と続くやつ。

 そして僕は途方に暮れた。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む