サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. オペラ・アリアベスト101

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オペラ・アリアベスト101
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:21cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-403-25043-2
  • 国内送料無料

紙の本

オペラ・アリアベスト101 (Opera handbook)

著者 相沢 啓三 (編著)

アリアの歌詞を詩として味わったことがありますか? 「椿姫」「トスカ」「カルメン」「トリスタンとイゾルテ」など、知っておきたいアリアのテキストを読み解き、その魅力を紹介する...

もっと見る

オペラ・アリアベスト101 (Opera handbook)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アリアの歌詞を詩として味わったことがありますか? 「椿姫」「トスカ」「カルメン」「トリスタンとイゾルテ」など、知っておきたいアリアのテキストを読み解き、その魅力を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

相沢 啓三

略歴
〈相沢啓三〉1929年山梨県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。朝日新聞社編集局・出版局に勤務。『アサヒカメラ』編集長などを経て退職。詩人・評論家。著書に「オペラ・アリア・ブック」シリーズほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

アリア

2017/03/24 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろオペラの本はあるが、これは、アリアの歌詞に注目している。詩としてあじわって、解説されている。歌詞が書かれているのがよい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすくて、おもしろくて、役に立つ本

2001/04/11 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ほし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 金がない、ヒマがない、地方在住、という三重苦を背負いつつも、年に一回は生のオペラを観ようとなんとかやりくりしている。でも、せっかくのオペラを聞きながら、目は字幕スーパーに釘付けなんてことも実はけっこうある。
 全部はわからなくてもいいから、せめて、見せ場に流れる名曲の内容くらいは事前に知っておきたい。本書はそんなズボラな私の願いをかなえてくれたありがたい本である。
 「ソフトカバーで薄い割には高い本だなあ」と購入する前は思ったものだが、今ではもう手放せない一冊。対訳つきで、歌われる際のシチュエーションやその心理が実に丁寧に紹介されている。
 目次もユーモラスで、「弱き者、男よ」とか「浮気心」とか「苦悩の王国」とか「愛の挑戦者」とか、気になったページからどんどん読める。作品名目次もついているので、便利。
 「あ、このアリア面白そう。今度、見に行くのはこれだ!」などと独り決めして楽しんでいる。値段以上の価値は充分ある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クラシック・オペラ ランキング

クラシック・オペラのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む