サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 四書五経入門 中国思想の形成と展開

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四書五経入門 中国思想の形成と展開(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/396p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76320-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

四書五経入門 中国思想の形成と展開 (平凡社ライブラリー)

著者 竹内 照夫 (著)

「書経」「易経」「礼記」「詩経」「論語」など、中国ばかりでなく日本人の心にも浸透し、長く倫理の規範であった四書五経の内容を平易に説く。1981年刊「四書五経」の改題。【「...

もっと見る

四書五経入門 中国思想の形成と展開 (平凡社ライブラリー)

1,512(税込)

四書五経入門

1,210 (税込)

四書五経入門

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「書経」「易経」「礼記」「詩経」「論語」など、中国ばかりでなく日本人の心にも浸透し、長く倫理の規範であった四書五経の内容を平易に説く。1981年刊「四書五経」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 照夫

略歴
〈竹内照夫〉1910〜82年。東京都生まれ。東京大学文学部卒業。関西大学教授などを務めた。中国哲学専攻。著書に「やさしい易と占い」「干支物語」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 儒教の中で特に重要...

ジュンク堂

 儒教の中で特に重要とされる九つの書物を総称して「四書五経」といいます。『書経』は歴史を、『易経』は予言の論理を、『礼記』は君臣・親子・男女のあり方を、『詩経』は文の風雅を、『論語』は人の上に立つ者の生き方を説くもので、ほかに『春秋』『孟子』『大学』『中庸』を含む四書五経は、中国ばかりでなく日本人の心にも浸透し、長く倫理の規範としてあり続けてきました。

 「われわれが四書五経を読み、またはその来歴や内容についての著述を読むその目的は、中国思想の理解を深めるためというよりは、むしろわれわれ自身の伝統文化に対する認識を深め、新しい社会の人間関係や個人生活などの原理について、個々の良識を豊かにするための思考資料を得ることなのである」(本書より)。

 本書は1965年に東洋文庫として刊行され、読み継がれてきました。近年『論語』が静かなブームとなっていますが(本家中国でも復活しているそうです)、四書五経が語る思想と人生の指針を平易に説く本書は、なかでも定番というべき一冊です。

出版ダイジェスト:2006年6月
テーマ『やったぶんだけ深く楽しめます。何歳からでも遅くない。アート・学問への誘い』より

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

文字通りの良い入門書

2016/11/30 23:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たら - この投稿者のレビュー一覧を見る

詠みやすい文章と内容で、自然と中国古典の世界に誘ってくれる有り難い本。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/02 13:27

投稿元:ブクログ

四書五経を勉強しようと思い、勉強を始める前にまずは入門書を読んでみました。
本書では、以下の順番でそれぞれに何が書いてあるかの概要がまとまっています。
書経、易経、礼記、詩経、春秋
論語、孟子、大学、中庸

また、中国や日本でどのように四書五経が歴史的に位置付けられてきたのかがありました。
これは、結構面白いです。
日本では、素読を通じて、幼少の頃から勉強されてきたとありましたが、四書五経の素読ってなかなかすごい勉強法だったんだなあと思いました。

実際に四書五経の勉強を始めて少し時間がたってから、この入門書の価値をいつか改めてレビューしてみようと思います。

2010/06/15 20:32

投稿元:ブクログ

中国の伝統古典、儒教の経典である四書五経について、簡潔ながらもわかりやすく解説してくれています。
四書五経の歴史や、日本でどう扱われたかも書いてあって、こいつぁすげぇぜ!てな具合でございます。

2011/11/20 12:33

投稿元:ブクログ

この本で紹介されている四書五経は
四書・・・『論語』『孟子』『大学』『中庸』
五経・・・『書経』『易経』『礼記』『詩経』『春秋』

一つもまともに読んだことがない。
恥ずかしいかぎり。

2012/09/28 12:41

投稿元:ブクログ

・その人の以(な)す所を視、由る所を観、安んずる所を察すれば、人いずくんぞかくさんや、人いずくんぞかくさんや。
(まず行為・行動を見る。次に行為の動機を調べる。次にその人が真に楽しみを感ずるらしいのは、何に対してであるか、どうした時においてであるか、生活の根本信条を見る。)

・人の過つや、各々その党に於いてす。過ちを観てここに仁を知る。(党は類で、類型とか性格とかの意。過失を犯すにしてもそこに人物の特徴がでるものである)

―この二つは人を観るのに至言ですね。人を見るには背中を見よと言った経営者がいましたが、言葉や顔立ちや表情に気を取られるから本質が見えないのかも知れません。正面から見ると動きが大きいから逆に騙されますね。

2013/04/18 19:07

投稿元:ブクログ

「美しい妻がほしいならば、読書するがよい。」

いわゆる四書五経について簡単に説明している本。
これを読み、興味を持った書物を読むのも良いと思う。
読み応えがあり、また、新たな興味を喚起する本である。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む