サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

捜神記(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/614p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-76322-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

捜神記 (平凡社ライブラリー)

著者 干 宝 (撰著),竹田 晃 (訳)

幻術の名人、墓から生き返る娘、千年を生きる狐の変化…。怪異譚が流行した中国六朝時代、東晋の歴史家・干宝によってまとめられた464の霊妙不可思議な小話集。1964年刊の再刊...

もっと見る

捜神記 (平凡社ライブラリー)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幻術の名人、墓から生き返る娘、千年を生きる狐の変化…。怪異譚が流行した中国六朝時代、東晋の歴史家・干宝によってまとめられた464の霊妙不可思議な小話集。1964年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

干 宝

略歴
〈干〉中国・東晋時代の学者。「晋紀」の執筆、古典の注釈などを行った。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

怪力乱神の時代を読もう

2008/07/21 00:30

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

幽霊、妖怪、神や仙術といったものが実在すると信じられていた時代でも、それが何だと聞かれると、断片の継ぎ合わせにしかならなかったろう。それも一つの真実のあり方だし、その断片を集めてみても、それは断片の集合体でしかない。ただそういうコレクションは楽しい。また集めることによって茫洋と見えてくるものもあったりする。
捜神記は六朝時代に集められた奇譚集(志怪小説)で、この種の書物で現存する中では元祖みたいなものだが、話のタイプごとに分類されているというところが優れものなのである。仙人、仁者の話、占い、妖神、前兆や夢、妖怪、幽霊、奇妙な動植物、など。そして面白いのは、それらの変異に対して、人間がどのように対処したかなのだ。多いパターンの一つは、その変異があってしばらくして漢の王朝が滅んだとか、なんとかの乱が起きたとか、その後出世したとか、吉兆、凶兆として捉え、それみたことかみたいな因果応報の口ぶりだ。語り口の端々に現れるのは、著者の気持ちも入っているかもしれないが、やはり大衆の本音であったのだろう。それらの因果論が真実であったかと言えば、そのまま信じれば漢の滅亡の理由は100にも1000にもなって、収拾がつかなくなる。その意味で「怪力乱神を語らず」とか言った偉い人の見識は妥当かもしれないし、史書の中での記述を排した人についても、ごもっともなことである。
ではこれらの伝承が偽史なのかと言えば、その時代に生きた人々の意識を表しているのだとすれば、現実の歴史に与えた影響を否定できない。「怪力乱神」は一時とりあえず横に置いておかれたとしても、単なる習俗、文化の枠を越えて、やはり歴史の一部として取り扱うのが本来の有り様だろう。
そういう視点で真剣に精読すると大変だと思うのでやらないけど、過去の王朝、支配者、英雄、奸臣といった存在に対して、人々がどのような思いを抱いていたのかはよくわかる(ついでに恥ずかしながら歴史の勉強にもなりました)。「天」について、自然に対する畏れの意識も、素朴ではあるが学ぶところも多い。優れた仙人、賢者達、正直で誠実な人々が報われる話は、清々しく気持ちいい。こういう感性は当時も現代も変わらないというのは、なにか嬉しいよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/02 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/10 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/10 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/28 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 07:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/30 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る