サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

2019年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

UMLによるJavaオブジェクト設計 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

UMLによるJavaオブジェクト設計 第2版

著者 ピーター・コード (著),マーク・メイフィールド (著),依田 光江 (訳),今野 睦 (監訳),依田 智夫 (監訳)

Javaに内包された言語特性を生かす、より優れた設計戦略を解説。97年刊「Peter CoadによるJavaオブジェクト設計」を改訂し、UML表記法へ完全移行した第2版。...

もっと見る

UMLによるJavaオブジェクト設計 第2版

3,672(税込)

ポイント :34pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Javaに内包された言語特性を生かす、より優れた設計戦略を解説。97年刊「Peter CoadによるJavaオブジェクト設計」を改訂し、UML表記法へ完全移行した第2版。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

J2EE版がほしいJavaオブジェクト設計

2002/11/10 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じんえい - この投稿者のレビュー一覧を見る

Peter CoadによるJavaオブジェクト設計では、著者の独自の記法(Coad法)で表記されていましたが、この二版ではOMG標準である、UMLに変更されています。しかし、UMLであるかどうか、UMLを知っているかどうかは些細な問題です。大切なことは、オブジェクト指向で設計できるかどうかです。本書は、Javaでシステムを開発する方のために、最低限必要な設計の知識を提供してくれます。したがって、Javaによる開発で行き詰まっている方への福音となることでしょう。ただし、惜しむらくはJ2EEベースではないことです。J2EEベースの改訂が望まれます。

とはいえ、この本の主題である、「継承、コンポジション、インタフェースの使い分け」の理解は、Javaによる開発では必須であり、このための唯一の解説書として過言ではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/15 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

システム開発・設計 ランキング

システム開発・設計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む