サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 400年の遺言 竜遠寺庭園の死

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

400年の遺言 竜遠寺庭園の死
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873202-4
  • 国内送料無料

紙の本

400年の遺言 竜遠寺庭園の死

著者 柄刀 一 (著)

400年の歴史を持つ京都・竜遠寺。天空の星を写し取るとされる謎の庭園で、庭師が首を切られて死に、4年前にはその息子が殺害されていた。星座と風水思想を読み解いて、事件は解決...

もっと見る

400年の遺言 竜遠寺庭園の死

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

400年の歴史を持つ京都・竜遠寺。天空の星を写し取るとされる謎の庭園で、庭師が首を切られて死に、4年前にはその息子が殺害されていた。星座と風水思想を読み解いて、事件は解決の扉を開いていくが。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柄刀 一

略歴
〈柄刀一〉1959年生まれ。デザイナー学院卒業後、推理作家を志しながら多数の業種をフリーターとしてこなす。著書に「3000年の密室」「サタンの僧院」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/07/02 03:49

投稿元:ブクログ

「犯人は創造的な芸術家だが、探偵は批評家にすぎぬのさ」(By 実はまだ読めていないブラウン神父)
探偵以上に無責任な批評家なのが読者なわけで。
魅力的な舞台、からみあいほどけゆく過去と現在、ハートウォーミングな人間模様、と三拍子揃っていながらなんだか無味乾燥な印象を受けたのは、作者が考えて組み立てたものを「そのまま」出してきた感があったから。
「あれだからこれね、こうすればあれだしこれでまとまりがいいな、うん」っていう感じでなーんか機械的。
思えばいつも感動に打ち震える柄刀マジックの双壁、「幻想的な謎と壮大な解決」というのとは今回の本は違ったなあ。
勿論つまらないわけじゃない。面白かったしすばらしかった。もう一味を求めてしまうのは、作者が柄刀一だから。

2012/06/18 13:51

投稿元:ブクログ

400年の歴史を持つ浄土真宗妙見派の京都・龍遠寺。その庭園で起こった殺人事件を機に、また新たな殺人事件が重ねられていく。

驚くようなカラクリがあったり、縁で繋がった人間関係だったり、面白いとは思うのだが、何故かいまいち乗り切れずに終わってしまった。全体的に淡々とした文章だからだろうか。
風水思想の件も興味深いし、ちゃんと図式も挿入されていて、丁寧な解説のハズなのに、こちらの乏しい理解力もあってか、結局読み流してしまった。

2014/01/13 11:31

投稿元:ブクログ

からくりはそれなりにいいものだったが、登場人物にいまいち共感が出来ず物語に入りこめなかった。
また、話の展開も少し強引に感じる。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る