サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 武井武と独創の群像 生誕百年・フェライト発明七十年の光芒

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

武井武と独創の群像 生誕百年・フェライト発明七十年の光芒
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 工業調査会
  • サイズ:20cm/670p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7693-6130-0
  • 国内送料無料

紙の本

武井武と独創の群像 生誕百年・フェライト発明七十年の光芒

著者 松尾 博志 (著)

武井武は、日本の磁性材料研究史の中で、戦後一大発展を遂げたフェライトの研究から工業化までを推進した中心人物だった。科学者武井武と、加藤与五郎、斉藤憲三ら、同時代を駆け抜け...

もっと見る

武井武と独創の群像 生誕百年・フェライト発明七十年の光芒

2,484(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

武井武は、日本の磁性材料研究史の中で、戦後一大発展を遂げたフェライトの研究から工業化までを推進した中心人物だった。科学者武井武と、加藤与五郎、斉藤憲三ら、同時代を駆け抜けた異能たちの姿を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松尾 博志

略歴
〈松尾博志〉1942年島根県生まれ。中央大学法学部卒業。出版社勤務を経て、経営・科学技術・現代史等幅広い分野の執筆活動を続けている。著書に「電子立国日本を育てた男」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本経済新聞2000/3/26朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村雅美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 科学技術で「日本人に独創性はあるか」と問われた時、「ある」と答える人は多いだろう。しかし、「独創の芽を育てる土壌はあるか」と聞かれると、とたんに歯切れは悪くなる。新しい着想を排除する意識が日本の学界には強いのである。本書の主題になっている磁性材料フェライトも、そうしたものの一つだ。発明された一九三〇年代当時から、主流だった金属磁性材料の世界ではずっと無視され続けてきた。
 確かに画期的な科学技術の理論や成果は、異端のものとして学界に受け入れられないことが多い。しかし、成果が理にかなったものであれば、冷静な判断の下にそれは時間をおかずに世に受け入れられていく。一方、理で考えるのではなく感情的にとらえ、嫉妬(しっと)混じりで排除するのでは異端はずっと異端のままでいる。日本で独創的な研究が生まれにくいといわれるのは、そうしたことが背景にあるのではないか。
 ビデオテープを例に出すまでもなく、フェライトは今日の家電や電子機器などに欠かせない。日本はその技術、生産では世界トップの水準にある。本書はそのフェライトの発明者である武井武の伝記だが、個人の足跡をたどるというより、フェライトを軸にそれを生み企業化した多くの人たちを織り込んだ人間ドラマとして読める。
 「科学技術で新産業創生」をうたう日本では、学で生まれた成果を企業(産)に生かすことが求められている。ベンチャー企業育成もその一環だが、フェライトの発明と企業化にそのモデルを見ることができる。
 登場者の言葉として、現在でも通用するものがたくさん書かれている。その一つに「日本の企業は資本と労働力だけあれば企業が成り立つと思っているが、それは間違いであって、もうひとつ、『脳力』すなわち知力あるいは科学力といえるものが欠けている」がある。「脳力」を軽視している企業がなんと多いことか。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む