サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 妊娠・出産・育児の通販
  5. 早川書房の通販
  6. 子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何かの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何か
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/502p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208260-7

紙の本

子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何か

著者 ジュディス・リッチ・ハリス (著),石田 理恵 (訳)

親は本当に重要か? 多くの親が信じる「子育て神話」は、実はすべて間違いだった! 古今東西の愉快なエピソードを交えつつ、心理学・霊長類学・遺伝学などの最新研究を駆使して、子...

もっと見る

子育ての大誤解 子どもの性格を決定するものは何か

2,700(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親は本当に重要か? 多くの親が信じる「子育て神話」は、実はすべて間違いだった! 古今東西の愉快なエピソードを交えつつ、心理学・霊長類学・遺伝学などの最新研究を駆使して、子どもの性格形成の本質に迫る革命的育児論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジュディス・リッチ・ハリス

略歴
〈ジュディス・リッチ・ハリス〉ハーヴァード大学心理学部で修士号取得。心理学の教科書の執筆などに携わり、子どもの発達に関する従来の通説を真っ向から否定する論文でアメリカ心理学協会の賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

児童心理学・発達心理学の本としてなら悪くない

2000/12/30 10:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Stella - この投稿者のレビュー一覧を見る

 子の性格は親の育て方によって決まるという「子育て神話」は、実は根拠のない学説によって作られたものだ、と主張する本です。多くの学説や実験成果が、その恣意的な調査方法や論点がずれた結論として批判されたり、別の結論を導き出されています。
 著者の主張は、よっぽど極端なことでないかぎり、子の性格は環境(友人など)によって決まるのであり、親の育て方が子の性格に直結するわけではないというものです。端的に言えば「親がなくても子は育つ。しかし友達がなければ異常に育つ」ということでしょう。

 内容は濃いですが、平易な文章で書かれているため、一部訳語が日本の精神医学用語に沿っていないという問題を無視すれば理解しやすいかと思います。ただ、あまりにも膨大なので、論点が散漫になってしまっています。この点が非常に残念です。

 この本は、育児関連書として読むのではなく、児童心理学・発達心理学の本として読むべきでしょう。育児書としては「『子育ての大誤解』神話」を生み出す危険性に満ちています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/20 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/25 07:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/23 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

しつけ・家庭教育 ランキング

しつけ・家庭教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む