サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 光文社の通販
  6. レオニーの選択 18歳少女の〈政治〉への旅立ちの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レオニーの選択 18歳少女の〈政治〉への旅立ち
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/485p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-96097-9

紙の本

レオニーの選択 18歳少女の〈政治〉への旅立ち

著者 ブルクハルト・ヴェーナー (著),鈴木 仁子 (訳)

民主主義はどのような働きをするのか、民主主義にはなにができて、なにができないのか。また現代の民主主義が面白くないのはなぜか。民主主義について物語の形式をとり、わかりやすく...

もっと見る

レオニーの選択 18歳少女の〈政治〉への旅立ち

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

民主主義はどのような働きをするのか、民主主義にはなにができて、なにができないのか。また現代の民主主義が面白くないのはなぜか。民主主義について物語の形式をとり、わかりやすく伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ブルクハルト・ヴェーナー

略歴
〈ヴェーナー〉1946年生まれ。アメリカの大学で哲学、文学、経済学、ジャーナリズムを学ぶ。現在、フリージャーナリストとして活動する傍ら、大学で教鞭をとる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ESからの手紙

2004/10/03 17:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:【情トラ】 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■ドイツが舞台で、五百ページ弱の分厚さの本ですが、その内容はミステリィ風の物語に仕立てられており、たいへんリーダビリティの高い訳書です。「民主主義についてのきみの問いかけに、わたしがちゃんと答えられるかどうかはわからない。」との一行から始まる、ある政治家ESからの民主主義政治に関する長く広く深い手紙を、あたかも自分への語りかけのように感じ、主人公である熱血肌の政治家志望少女レオニーの言動や行動に、共感または違和感を覚えながら、物語に引き込まれていく人が多いのではないかと思います。
■ESは、手紙の中で言います。「ルイ十四世の有名な『朕は国家なり』というセリフは、民主主義の正反対の表現として、これくらいぴったりなものはない。では、現在の議会制民主主義はどうだろう?これは『あなたたちが国家だ』と有権者が政党や政党の候補者に向かって投げかけるものである」と。ならば、その政党や政治家は、市民に対して何を提供しているのでしょうか。これにESは、「一部のために特定の利益を守る『利益の保護』、全員のために環境問題等に取り組む『問題の解決』、そして、娯楽やイデオロギーといった『感情に訴えかけるもの』を提供している」と言います。さらに、「選挙戦をはじめとする競い合いの場面では、政治家はひたすら感情頼みになってしまう。それは、政治の仕事が複雑になりすぎたからであって、政治家は、問題解決のための取組みを市民にわかりやすく説明することはほとんど不可能として、自分で演出できる感情の分野に目を逸らさせるのだ」と言うのです(何となく誰かを想像したりしませんか!?)。
■確かに、娯楽の要素もなく、イデオロギー対立もない、問題解決に的を絞った政治は、地味かつ難解、故に退屈かもしれません。しかし、問題から目を逸らすことなく議論して、キチンと問題が処理されていくことになれば、もっとワクワクしておもしろいとも思うかもしれません。大事なことは、そのようにワクワクするために、私たちは、政治家や官僚にお任せではなく、専門知識はなくても問題解決への取組みに対する適切な批評眼をもった参加者となることが必要ということなのでしょう。
■この他にも、豊かな示唆を含んだ議論が展開される本書ですが、新たな民主主義を編み出すための明確な答えは示されません。私は、その一つに「地域政治」があると考えています。国家と比べて規模が小さな市町村では、市民の理解が届くような見通しのきく問題が多く、市民の意思を直接尋ねる「アテナイ式」の政治も可能とされます。この「アテナイ式」政治を、現在において工夫しながら実践することこそは、より力強い批評眼と問題処理に参加するワクワク感を育てる方法の1つなのではないでしょうか。
■最後に私からみなさんへ一言。「ESからの手紙を受け取ってみませんか?」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぼくたちの選択

2000/12/30 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katokt - この投稿者のレビュー一覧を見る

 どうして自分でも全く興味のないことを政策課題の中心に据えられるんだろう? あの首相が一本指で端末を叩いている姿は、たぶん世の中でもっとも悲しい光景の一つだと思う。いや、別に技術や知識がないことを責めてるわけではない。信じてないことを口にだす人の顔が大体傲慢で醜く見えること、本人だけがそれを知られてないと思ってることが悲しいのだ。

 こういうときこそ政治に何が必要で、何が求められるかを民主主義から丁寧に扱ったこの本を手にとってみたい。詳しくは

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。