サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ロバート・キャパ スペイン内戦 レイナ・ソフィア国立美術館収蔵作品

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロバート・キャパ スペイン内戦 レイナ・ソフィア国立美術館収蔵作品
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:25×30cm/201p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-008198-5
  • 国内送料無料

紙の本

ロバート・キャパ スペイン内戦 レイナ・ソフィア国立美術館収蔵作品

著者 ロバート・キャパ (写真),フアン・パブロ・フシ・アイスプルア (解説),リチャード・ウェーラン (解説),キャスリーン・コールマン (解説),高田 ゆみ子 (訳)

1999年にスペインのマドリードにあるレイナ・ソフィア国立美術館で開催されたロバート・キャパのスペイン内戦をテーマとする写真展を機に刊行された写真集。【「TRC MARC...

もっと見る

ロバート・キャパ スペイン内戦 レイナ・ソフィア国立美術館収蔵作品

7,344(税込)

ポイント :68pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1999年にスペインのマドリードにあるレイナ・ソフィア国立美術館で開催されたロバート・キャパのスペイン内戦をテーマとする写真展を機に刊行された写真集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・キャパ

略歴
〈キャパ〉1913〜54年。ハンガリー生まれ。スペイン内戦の写真で報道写真家として認められ、第二次大戦において多数の傑作を撮影。ベトナムで対人地雷により死去。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

溜息の出る写真集

2004/12/04 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ピカソの大作「ゲルニカ」を所蔵するマドリッドのレイナ・ソフィア国立美術館で99年にキャパのスペイン内戦写真展が開かれたことを記念して出版されたのが本書です。
 今年はキャパ没後50年にあたりますが、彼の本書の写真を眺めていて、ただただ溜息が出ました。

 溜息の原因は大別して二つあります。

 一つは、国を割った闘いで多くの人々が傷つき斃れていった戦争のむごさが膨大なモノクロ写真の中に落とし込まれているからです。まだあどけない少年がアナキスト民兵部隊の軍帽をかぶっている姿や、大量の家財道具とともに国を捨ててフランス国境へ向かう家族の姿、そして冬の荒野にムクロとなって横たわる3人の兵士の姿は大変痛ましいものです。

 いま一つには、スペイン内戦がどちら側の勝利で終結し、その後30年以上もフランコが独裁者としてイベリア半島に君臨し続けるという史実を私自身が既に知っているからです。ユダヤ系で反ファシズムの立場を鮮明にしていたキャパですから、本書にまとめられた彼の写真はどれも共和国軍側に軸足を置いて捉えたものです。大義のために命を賭して戦ったこれら被写体の兵士や市民たちですが、彼らは結局のところ敗者の立場へと追い込まれていくのです。さらには左派陣営内部にもイデオロギー上の対立が生まれ、内戦の中の内戦すら生まれていきます。そうした後付けの知識を持ってこの写真集を眺めると、勝利と平和を信じて銃を取った彼ら左翼人たちの末路に思いが至り、嘆息を押し留めることが大変難しく感じられるのです。

 キャパ自身も最愛の女性ゲルダ・タローをこの内戦の地で亡くしています。内戦勃発直前の時期に仲睦まじく微笑む二人を撮った写真が10頁目に掲げられていますが、秋の陽光に照らされる若い二人のこの写真は微笑ましくも痛ましく感じられてならない作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未発表写真を初公開した、初めての集大成

2000/07/10 00:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:安原顕 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、写真家ロバート・キャパが「スペイン内戦」(1936〜39)を取材した、未発表写真、所在不明を初公開した、初めての集大成である。
 キャパ(本名アンドレ・フリードマン)は1913年、ハンガリーのブダベスト生まれ。両親はドレス・サロンの経営者だった。高校時代彼は、文学政治双方の興味を満たす仕事を望んでいたが、反ユダヤ独裁政治批判のデモにしばしば参加したことで当局に追われ、1931年、17歳の時、ベルリンに亡命、政治高等専門学校に入ってジャーナリズムについて学ぶ。しかし、世界経済恐慌の影響で、両親からの仕送りが途絶えたことを機に学校を辞め、有力写真通信社デフォトの使い走り、暗室助手をしながら写真技術を習得する。ところがドイツでナチスが台頭したため33年初頭、パリに移住。2年近く、職探しに奔走する。そんな折パリで、ドイツ難民の若い女性ゲルダ・ポホレリと出会って恋に落ち、彼女に写真の基礎も教える。ゲルダは彼に、「アメリカで成功した架空の写真家ロバート・キャパを名乗って仕事をしたら」と主張し、自身もゲルダ・タローと改名する。タローとはパリで彼らと親交のあった画家の岡本太郎から取ったものだった。彼らがスペインに入ったのは内戦後、2週間余のこと。キャパは共和国側に立って勢力的に取材、常に最前線に身を置き、敵弾を受けて倒れる民兵(36年9月5日に撮った「崩れ落ちる兵士」は有名)などの報道写真により世界中の注目を集める。37年、キャパはパリに戻るが、タローは写真の仕事の関係でスペインにとどまり、7月25日、安全地帯まで運んでもらうべく将軍の車のステップに飛び乗ったところへ操縦不能の戦車が横から激突、彼女は翌日、逝く。キャパはそのショックから、一時は立ち直れずにいたが、写真雑誌『ライフ』などを舞台に活動を再開、38年には、6か月間中国で過ごし、日本侵略下の抗日戦争、ヨーロッパに材をとった第2次大戦(41年〜45年)、第1次アラブ・イスラエル戦争(48年)などを撮り、戦争の実態、苦悩する民衆の姿を臨場感溢れる迫真の写真に収めた。ブレッソンらと写真集団「マグナム」を創設、さらに活動の場を広げつつあった1954年5月25日、紅河デルタ地帯でフランス軍のインドシナ戦争を撮影中、対人地雷を踏んで爆死する。40歳だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/06 22:15

投稿元:ブクログ

陽のあたる図書館でぽけーっとしていたら目の前の棚にふと見つけた!
正直写真のことは全然わからんけど、この人の名前を見たらどうしてか一度見ておきたくなるんだな〜

2007/03/08 09:28

投稿元:ブクログ


「人を好きになること、そしてそれを相手に知らせること」。

アマチュア写真家に対する写真の撮りかたのアドバイスとして、キャパはこのように答えました。

キャパの伝記を書いたリチャード・ウィーラン(Richard Whelan)も述べている通り、戦争写真家キャパの写真の共通点は戦争ではなく人間であり、人間の置かれた状況に対する並外れた繊細さと同情心…。

キャパが初めて脚光を浴びたスペイン内戦(1936-1939年)を取材した作品群。ゲルダ・タローによる写真ともども、マドリードにあるレイナ・ソフィア国立美術館(MNCARS)に寄贈されたものです。

2016/02/17 17:22

投稿元:ブクログ

なぜ戦争中の極限状態における記述はこれほどまでに鮮やかで美しく感じられるのか、わからない。


オクタビオパスの引用にハッとした。
私は内戦中のスペインで次のことを記憶している。私は自分の中の「別の人間」に気づき、異なった種類の孤独を感じていた。
閉鎖的でも、機械的でもなく、しかし超越したものへ向かう孤独を。
死が近づいていることは疑う余地もない。
武器を手にした兄弟たちは、どの時代のどの国においても常に、人々の境遇を越え、各々を取り囲む孤独の輪を破壊する非凡さを生む雰囲気を持っている。
しかし自己満足のかけらもなく生身の人間であるかのようなリアリズムを持って、偉大なスペインの画家たちが描いた、鈍重で頑固、粗野で残忍な彼らの顔の中には、自暴自棄の希望のようなもの、非常に具体的で同時に普遍的な何かが存在していた。その時以来は、一度も同じ表情を見たことがない。

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む